So-net無料ブログ作成
検索選択

半年でサバイバルレベルを目指す [雑記]

私は旅行中に最低限の会話ができれば十分と考えて、フランス語を学び始めた。
きっかけはここ

2010年10月から2011年3月までの半年は旅行目的。
2011年4月以降はコミュニケーション目的。

フランス旅行の前後で学習目的が変わった。それぞれ振り返って、記録しておく。

まず、旅行するまでのこと。

趣味でゆっくり自分のペースで勉強したい人は、この先を読まないでください。
英語が嫌いで、超短時間で最低限のフランス語を学ぶ必要がある人は多少参考になるかも…。
そういう気持ちの人だけ見てもいいけど、見てがっかりするかも…。

短期の旅行中にするのは、「食べる」、「買う」、「見る」、「泊まる」、「移動する」こと。
基本的にこの状況でしか話をしないから、
その他のことは切り捨てて、最低限の自分の要求を伝えられればよい。
会話が成立するかどうかは、フランス人の理解力に完全に依存しているが、
こちらは観光客であり、お金が介在しているので、
多少めちゃくちゃでも、相手はなんとかして応対してくれる。
これがぎりぎりサバイバルレベルの私の定義だ。

お金が介在しない「道を尋ねる」と「盗難などのトラブル」は旅行会話をやや越えている。
旅行準備と用心でできるだけ遭遇しないようにすればよいし、
ホスピタリティの気持ちがあれば、なんとか対応してもらえるだろう。

とりあえず、私は半年でこのレベルに到達することを目指した。
語学に自信のある人なら、もっと短くても可能と思う。

目標は「食べる」、「買う」、「見る」、「泊まる」、「移動する」のロールプレイができる。
これを旅行会話集の内容を一通り暗記すればいいと勘違いしがちだが、
旅行前に会話集を練習しているだけでは、全く役に立たない。
まず、カナ表記の会話集ではきちんと発音できないし、
ちょっと状況が変われば話せないのもダメだ。
なにより、相手の返事を理解できるようにはならない。
結局、会話集を応用する力が必要。
そのためには、旅行会話集のフレーズの文法構造がわからないといけない。
だから、基本文法と発音練習が最低限必要だ。
その上で、会話集を暗記していくのが、結局効率的なのだ。

自学とフランス語教室を基本にすえた。
自学は、最初の3か月で文法は自学。次の3か月でできるだけ会話例を覚える。
フランス語教室は、発音練習と文法実践を目的にする。

初学者のための文法書を買ってきて、
最初の3ヶ月でひととおり接続法までのしくみを勉強した。
フランス語の文法の索引を頭の中に、とりあえずつくるためだ。
使ったのは「フラ語入門 わかりやすいにもホドがある!」。
数冊あった初学者用の本の中から、吟味してこれに決めた。
この緩いタイトルの中に、必要最低限の事項が詰まっている。
難しいことは考えずに、とりあえず覚えようというスタイルで好き嫌いわかれそう。
でも、私の頭の中のフランス語文法の索引作りという目的には合っていた。
暗記することも兼ねて、付属の音源をmp3プレーヤーに入れ、
通勤時に車で思いっきり発音練習していた。

ちなみに、辞書は夫が大学時代に第3外国語で使ったという
20年以上前のプチロワイヤル。電子辞書は買わない主義なので、今も持っていない。

活用はとりあえず良く使うと思われるje, vousに重点を絞りたかったのだが…、
家族で旅行に行く以上、je, il/elle, nous, vous, ilsが必要なことに気が付き、
フランス語教室はtutoyerなので、tuが必要だった。
旅行まで時間が半年あったので、あきらめて全部覚えることにした。
(これは、フランス語を続けることになった時には幸いだった。)

ただし、必須な動詞はなるべく少なめにする。しかし、丁寧にだ。
第1規則動詞、第2規則動詞の活用は当然だが、
avoir être faire aller venir prendre vouloir pouvoir devoir、このくらいか?
あとは、原形を組み合わせるだけでかなり要求が伝えられる。
他の不規則動詞は原形だけでも良いくらいの気持ちで覚えていた。

同時期に、NHKのフランス語会話講座も受講した。
録音して、繰り返し繰り返し何度も聞いては、シャドーイングをした。
この期の小野先生の講座は怒涛の内容構成で、
2月と3月などはそのころにはとても使える内容ではなかったが、
存在を知っておくのは悪くないので、頑張って最後まで勉強はした。

聴き取りの練習に、教材等の音源を使ってのディクテも行った。

それと合わせて、フランス語教室に通う。
未経験者のためのクラスから始めたが、あまりの進度の遅さに、
文法を教わることは目的ではなく、発音と文法を実践する場と位置づけていた。
教室のテキストは宿題以外は予習はしない。
ぶっつけ本番でどこまでわかっているか、常に本番を意識する。
ただし、復習は絶対する。わからなかったことは必ず自分で確認する。
絶対その時にさらにわからないことがみつかるので、次回に質問することをまとめる。
時間制限されているから、基本的にわからないことはその時に解決する。

あとは、教室で使う表現を徹底的に覚えた。
なぜなら、フランスに行ったときにも役立つ表現だからだ。
そのころのノートから書き出してみると、
Je ne vous suis pas. 「話についていけません」
Parlez lentement, s'il vous plaît. 「ゆっくり話してください」
Je ne peux pas bien comprendre.「よくわかりません」
J'ai bien compris.「よくわかりました」
Parlez plus facilement, s'il vous plaît.「もっと簡単に言ってください」
Vous pouvez écrire ? 「書いてくれますか?」
などなど使える表現満載である。(ただし、教室ではtu系列で言わねばならない)
本当に簡単な言い方ばかり選んでいるが…、
今でもすぐに口から出てくるのはこの辺ばかりだったりする。

他には、言葉と一緒に、フランスのことを教えてもらったのがとてもよかった。
たとえば、まずは何よりあいさつBonjour !を忘れないこと。
何かしてもらったら、とにかくMerci !
あとはつたなくてもs'il vous plaîtを忘れなければ旅行者は大丈夫とか。
学生と子供は美術館は大体タダになるから、年齢聞かれるよとか。

あとは、旅行会話集とにらめっこしながら、使いたい単語を増やしていった。
言いたいことではなく、使わないといけないもの優先だ。
フランス語しか通じないところに行ってもどうにかできるを目標にした上、
家族を連れて行くこともあり、かなり頑張った。
パリだけなら、ここまでしなかっただろう。
毎日1時間はなにかかにかの勉強したし、
通勤にかかる往復2時間は、ほとんどフランス語をぶつぶつつぶやいていた。

それだけやっても、半年で、単語は1000語程度。
使える時制は直説法現在形と複合過去、近接未来、半過去ちょっと。
条件法はvoudraisのみ。もちろん、代名詞はまだ使えない。
今思えば、DELF A1になんとか合格できるくらいのレベルだったと思う。
ただし、仏検3級には絶対合格しないと思う。

そんな状態で、フランスに行った。
英語と違って、初めから話すことを目的に勉強したので、
話すのにあまり違和感がなく、フランス語を使うのが楽しかった。
英語のほうが圧倒的に語彙が多いのに、
どこか無理して必死に話しているような感覚になる。
用心していたこともあり、基本的にトラブルもなく、
一番難しかったのが、道に迷って「メトロの駅はどこですか?」で、
最後は英語になってしまった。
買い物などは、ほとんどフランス語でこなすことができた。
多少訳の分からないものを食べることはあったし…、
「ゆっくり話してください」は何回も言ったけど。

もう少し話せることを増やしたかったので、旅行後も続けることにした。

共通テーマ:資格・学び
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。