So-net無料ブログ作成
検索選択

DELF A2 結果が来た [DELF関連]

今日、5月に受験したDELFの結果が届いた…。

ドキドキで、開封。


おおおぉ。


合格しておったよ。ブラボー!>自分


証明のために、採点結果を載せておく。分野ごとの内訳。

DELF A2 採点結果

CO:聴解 CE:読解 PE:文書作成 PO 口頭表現

合計点は 90.50。

フランス語教室の先生から、目標80点といわれていたものの、
特に受験対策はせず、ほぼぶっつけ本番で90点を超えていたので、
自分でもちょっとびっくり。

受験直後の感想はこちら。→クリック

やはり、一番苦手感のあった会話がやはり一番点数が低かった。
でも、あんなに文法めちゃくちゃだったのに、20点越えは解せない…。
DELFは実践力重視な試験なので、自分の使える言葉だけはあるが、
確実に意思疎通しようと努力したのが良かったのか?


聴解は、読解にもたつき、音に追いこされ、
回答できなかった部分がいくつかあった。
そうそう、電話番号も全部は書けなかったし。
とりあえずは、聴き取れた部分に関してはほぼ正しかったらしい。


読解は一番自信があったので、ほぼ満点で非常に嬉しい。


作文では、いきなり解答用紙にボールペンで書くという暴挙に出たが、
構成をよく考えてから書き始めたので、大きく外してはなかったらしい。
日頃から、ボールペンで書くようにしていたのも良かったと思う。
さらに、結果的な話にはなるが、今回の聴解・読解の点数を考えると、
最後の10分で、予定通りに見直しせず、ギリギリになるまで作文し、
規定単語数まで達したのも良かったかもしれない。


A2はB1への布石として受験したとはいうものの、
合格できたのは良かったなぁ。これで、落ちてたら、かっこ悪すぎw


次は、B1を受験するつもり。はやく合格したい気持ちはあるが、

DELFのディプロムは裏に点数が記載されている。
そして、合格したレベルはディプロムを放棄しないと
再受験できないシステムになっている。

ディプロムが必要なわけではないので、
実力をしっかりつけてから受験しようと、最近になって考えを変えた。

DELF A2とB1の難度にはかなりの開きがあるので、
受験は少し先になるかもしれない。
代わりに、秋にはTCFを受けてみようかなと検討中。

DELFにしても、TCFにしても、今まで以上にしっかりまんべんなく勉強しなくては!

最近、日本語の添削をしていて、日本語もあれこれ勉強しなおしている。
本当に、学習に終わりはないなぁと思う。

共通テーマ:資格・学び
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。