So-net無料ブログ作成
検索選択

Les enfants en plein croissance 食べ盛りの子供たち [フランス語を書く]

Ce jour-là, j'ai fait une tarte.

Le lendemain matin, avant d'aller au travail,
j'ai dit à mes deux enfants que cette tarte était leur goûter (du jour).
Mais je n'ai pas cru ne croyais pas qu'ils pourraient la manger toute,
parce qu'elle était pour six personnes.

Après mon travail, je suis rentrée chez moi,
et il ne restait que une qu'une seule part de la tarte.
Mes enfants l' en avaient mangée trop beaucoup mangé...

Exactement, ils En fait, ce sont des enfants en pleine croissance.
C'est horrible pour moi.

Si je n'avais pas dit : - Restes quelque part pour moi ! Laissez-moi une part ou deux !,
sinon je n'aurais pas mangé pu manger mon ma tarte.


ある日、タルトを作りました。

翌日、仕事に行く前、二人の子供たちに、このタルトは今日のおやつだよと言いました。
でも、私は彼らが全部食べると思ってなかった。だって、タルトは6人前だったから。

仕事の後、家に戻ると、タルトは一切れしか残ってなかった。
子供たちは、食べ過ぎてた。

そう!確かに、彼らは食べざかりです。
それは、私にとっては、恐ろしいことです。

もし、私が「私の分もちょっと取っておいて!」と言ってなかったら、
自分のタルトを食べられなかったかも。


2012.09.01 添削していただいたので、訂正入れました。

共通テーマ:資格・学び

calfeutrer→すき間をふさぐ  便利→commode, pratique [今日の単語]

Transparent LanguageというサイトのWord of the dayを基にして、
単語を調べたり、プチ作文しています。
思いつくままに書いているので、間違いがたくさんあると思います。あしからず。

フランス語日本語

calfeutrer すき間をふさぐ calfeutrage すき間をふさぐこと

Un avis de tempête a été lancé,
il faudra calfeutrer les portes et les fenêtres afin d'éviter les courants d'air.
暴風警報がでた。
すき間風が入らないように、ドアと窓のすき間をふさがなければならないだろう。

un avis de tempête または、un avertissement de tempête
日本でいうところの暴風警報レベルの気象警報のようだ。
現在の基準では、風の強さで判断されており、雨が伴うかは判定の基準には入ってない。

こういうのは、微妙にずれているかもしれないけど、
ほぼ同じものを当てておいた方がいいかな。

se calfeutrer 閉じこもる  se calfeutrer chez soi 自宅に引き籠る


日本語をフランス語に

便利 commode, pratique

この二つの単語は若干意味が違う。
commode ; qui se prête aisément à l'usage qu'on en fait 
使うことで、その作業が容易になる
pratique ; Ingénieux et efficace, bien adapté à son but
創意工夫があって、効果があり、目的にかなっている

携帯電話はとても便利だ。
Le téléphone portable est très pratique.

À mon avis, ceux les plus nouvaux récents ne sont pas commodes.
私の意見では、最新のそれは、容易に使えるものではない。

la commodité 便利さ、利便性
commodément ゆったりと、くつろいで

la commode 整理だんす 同字異義語

la pratique 実践、経験
pratiquer 実践する
pratiquement 実際上、現実に、実用的に、ほとんど


共通テーマ:資格・学び

chenapan → いたずらっ子  不便 → incommode malcommode [今日の単語]

Transparent LanguageというサイトのWord of the dayを基にして、
単語を調べたり、プチ作文しています。
思いつくままに書いているので、間違いがたくさんあると思います。あしからず。

フランス語日本語

chenapan  いたずらっ子、 わんぱく小僧  vaurien, petit garnement, galopin
         ならず者、ろくでなし

Cet enfant est un vrai chenapan,
il fait de vilaines blagues à longueur de journée.
この子は本当にいたずらっ子だ。一日中、ひどいいたずらをする。

la blague 作り話・ほら、いたずら、失敗・へま

chenapan のシノニム
coquin, fripouille, galopin, garnement, gredin, sacripant, vaurien, voyou

le gredinという単語だけ知っていたけど、
gredin ; Personne malhonnête. 
と、書いてあったので、悪たれとでも言うべきか?

日本語でも、
わんぱく、いたずらっ子、きかん坊、悪たれ、悪がき、悪童、やんちゃ坊主、不良
などなど、数々あるわけで…。
どれにどれを当てるのかなんて、考えたくない(-_-;)

英語で、いたずらっ子は rogue
フランス語で、rogue は、(adj.) 尊大な、横柄な 違っている。

シーフとか、ローグとか、ゲームでよく見るから、なんか馴染む(苦笑)


日本語をフランス語に

不便  incommode, malcommode, pas pratique

不便についても、便利の項で昨日書いた理屈が使えそう。


不便な町には住みたくない。
Je ne veux pas m'installer dans une ville incommode.

不便な町ってどういう町を指しているの? 聞き返したくなるフレーズだ。
アクセスが悪いという不便さと、社会資源が整ってない不便さ、その両方。

日本人の基準からすれば、フランスはパリでも不便と思うところ多々ある。
日本が過剰サービスで、フランスが普通なのかもしれないけど。

incommoder (人)を不快にする、(人)に迷惑をかける
incovénient  不都合・支障、難点・困った部分


とりあえず、このシリーズ3日続いたな。

共通テーマ:資格・学び

équité → 公平・公正 エアコン → climatiseur [今日の単語]

Transparent LanguageというサイトのWord of the dayを基にして、
単語を調べたり、プチ作文しています。
思いつくままに書いているので、間違いがたくさんあると思います。あしからず。

フランス語日本語

équité f.  公平、公正    équitable adj. 公平な、公正な 

Les 3 premiers ont reçu un trophée,
et dans un souci d'équité tous les paticipants ont reçu une petite medaille.
上位3名がトロフィーをもらった。
そして、公平に、すべての参加者が小さなメダルをもらった。


ちいさなメダルでは、なんかドラクエのようだ(笑) 集めて王様に渡しに行くと良いことが…?
小さいメダルの方が良いかもね。


以下、ニュース記事から

A compter du 1er janvier 2012, la TVA sur le livre papier passera de 5,5 à 7%.
Dans un souci d'équité, Nicolas Sarkozy a annoncé qu'il en sera de même pour l'ebook.

2012年1月1日から、書籍に対する付加価値税が5.5%から7%に引き上げられる。
公平を期するために、電子書籍に対しても同様に(7%に)すると、
ニコラ・サルコジ大統領は報じた。 

TVA la Taxe sur la Valeur Ajoutée 付加価値税
à compter de ~から
il en est [va] de même pour [de]  ~についても同様である、実情は同じである

フランスの消費税は標準税率が19.6%。軽減税率が5.5%。
書籍は軽減対象で5.5%であった。一方で、電子書籍は、標準対象で19.6%であった。
これらが、一方は上がり、一方は下がったのだが…。
アマゾンのEU本社は、ルクセンブルクにある。
ルクセンブルクは欧州におけるタックスヘイブン的位置づけで、
現在、ルクセンブルクでの電子書籍の付加価値税率は3%である。
そう、フランス人がアマゾンで電子書籍を買っても、フランス政府には実入りがない。

ちなみに、海外のサイトから電子書籍を買っても、日本の消費税がかからないのだが、
アマゾンフランスのebookは、日本からは購入できない…。
おそらく、協定ができているのだろう。
抜け道探すのもめんどくさく、電子書籍に関しても、まだ模様眺めしている状況。

今日の単語と全然関係ない話に進んでしまった。
この話はこの辺にしておく。



日本語をフランス語に

エアコン  le climatiseur le conditionneur

暑いから、エアコンつけて!
Comme il fait chaud, allume/mets le climatiseur, s'il te plaît !

空調  la climatisation, l'air conditionné

climatiser v. 空調を入れる、エアコンを設置する
climatisé   adj. 空調設備のある、空調の入った
le climat n. 気候、風土、雰囲気、ムード、環境

エアコン自体を、le climと短くして言っている時がある。
フランス語は、日本語と同じで、言葉を短縮するのが好きなのかもしれない。

Les Francais aiment abréger les longs mots qui sont fréquemment ulitisés.
フランス人は頻繁に使う長い単語を短縮するのが好きだ。

短縮する abréger
省略する raccourcir 空間や時間的に
省く    omettre   故意や不注意で

これ以上掘り下げても覚えられないので、この辺で。

共通テーマ:資格・学び

しゃこ La cigale de la mer ! [フランス語を書く]

J'ai acheté des cigales de la mer au supermarché.
Voilà !
C'est une cigale de la mer ! C'est une sorte des crustacés.
Elle Ça s'appelle shako シャコ en japonais.
"Cigale" a est l'équivalent du mot japonais "semi セミ(蝉)".
En fait, la cigale de la mer a est une petite bête d'une apparence grotesque comme petite bête, mais elle a un bon goût.
J'ai rapidement cuit des cigales de la mer dans de la sauce de soja mélangée avec à du sake et du sake doux.
Voila, c'est le Nituke de cigale de la mer.
C'était bon !

スーパーで、シャコを買ってきました。
ほら。
これがシャコ。甲殻類の一種です。
cigaleというのは、日本語で、蝉を指します。
実際、シャコって、蟲みたいで見た目グロテスクです。
でも、美味しいですよ。
酒とみりんを混ぜた醤油で、さっとシャコをゆでました。
ほら、これがシャコの煮つけです。
美味しかったです。

2012.09.12 添削追記


共通テーマ:資格・学び

un abri → 避難所、シェルター、待合所  本 → un livre, un bouquin [今日の単語]

Transparent LanguageWord of the dayを基にして、
単語を調べたり、プチ作文しています。
思いつくままに書いているので、間違いがたくさんあると思います。あしからず。

フランス語日本語

un abri → 避難所、シェルター、待合所   シノニム un refuge 避難所・避難小屋

La marchandice volés était cachée dans un arbi à la compagne.
盗まれた商品は田舎の避難小屋に隠されていた。

petit Robert microによると、
1. Endroit où l'on est protégé (du mauvais temps ou du danger)
2. Construction rudimentaire destinée à protéger le voyageur à la compagne, en montagne

危険や悪天候から身を守るためにつくられた場所やその建物自体を指すようだ。

à l'abri  安全な場所に
se mettre à l'abri de  ~から避難する
à l'abri de qc  1. ~から保護されて、~を免れて  2. ~に保護されて

Personne n'est à l'arbi d'une erreur.  ミスをしない人はいない。

abriter  1. 守る、保護する arbiter A contre/de B AをBから守る。 2. 収容する
s'abriter  避難する
abrité   (風雨などの悪天候から)守られた;保護された
abribus  バスの停留所(屋根つきのもの) 

arbi antiatomique  核シェルター
sans-abri  (男女とも不変) (災害などで)住居を失った人、ホームレス
sans-logis  (男女とも不変) 宿無し・ホームレス、(災害などで)住居を失った人


日本語をフランス語に

本 → un livre, (口語)un bouquin

bouquin 虎と小鳥の第52回に出たので、覚えていた。
元々は古書に当たるのだったっけ?
bouquiniste 古本屋  6月13日に「テレビでフランス語」に出ていた。

面白い本が読みたい。     Je voudrais lire un livre intéressant.
本が読みたい。読書したい。  Je voudrais lire. 

lireは「本を読む・読書する」を意味するので、どんな本でもよければ、目的語は必要ない。

Je voudrais lire un livre. 

上のようには書かない。「私は本を読書したい。」と日本語でいわないのと同じ。
lireが目的語を取る時は、どういう本なのかきちんと提示しないといけない

この本が読みたい。    Je voudrais ce livre.

面白い本とか、科学の本とか、形容詞やジャンルをつける。

「面白い」という日本語も意味が広いので、注意が必要。
思いつくだけ、面白いにあたりそうな形容詞を挙げる。

intéressant  興味深い、関心に値する
amusant   楽しくさせる(笑うような面白さ)
drôle      滑稽な
marrant    おもしろい、すこし滑稽さもありえる?
rigolo,ote    滑稽な面白さ・おかしさがある

間違っているかもしれないけど、違いはそんな感じ。
下の3つの単語は、良い意味にも悪い意味にも使えるので、注意。

共通テーマ:資格・学び

bouée→ブイ  誕生日→anniversaire [今日の単語]

Transparent LanguageWord of the dayを基にして、
単語を調べたり、プチ作文しています。
思いつくままに書いているので、間違いがたくさんあると思います。あしからず。

フランス語から日本語に

bouée  1. ブイ・浮標 (海にぷかぷか浮いているマークのことやな)
      2. 浮き輪・救命ブイ
      3. (お腹周りの)脂肪のたるみ ←なんてこった!浮きにはなるけどさ…。

L'entrée de la zone de la baignade est
délimitée pas les bouées jaunes que l'on apercoit là-bas.
遊泳ゾーンの入り口は、あそこに見える黄色いブイで仕切られてます。

この文章のL'entrée入り口っていうけど、
ブイで海に境界線をつけているだけなのではないかな?
たしかに、入り口といえば入り口なのかもしれないけど…。
   ↓
遊泳ゾーンで入れる場所は、あそこに見える黄色いブイで仕切られてます。
   ↓
あそこに見えている黄色いブイまでが遊泳ゾーンになってます。
実際はこのくらいの言い方では? 正しいかどうかは不明。

entrée (f.n.) 入ること、入り口、入場券、料理のアントレ、入力・インプット
délimiter 境界を定める、範囲を限定する
limiter  制限する、限定する
se limiter à  ~にとどめる、~しかない ~に限られる
limite (f.n) 境界・境界線(周りを囲む場合は複数で使うことが多い)、限界・限度

limiter la vitesse à 50 kilomètre à l'heure  速度を時速50㎞に制限する


日本語からフランス語に

誕生日 un anniversaire ( = anniversaire de naissance)

誕生日はいつですか
Quelle est la date de ton / votre anniversaire ?
C'est quand ton anniversaire ?
Quand est ton anniversaire ?

たぶん一番上が一番丁寧で、下はくだけているような感じか?

誕生日はある程度仲良くなったら、聞いたほうが良いのかな?
年齢は聞かないほうがいい。宗教と結婚してるかどうかも…。
仕事は聞いてもいいけど、収入は聞くのはダメ。
てか、お金に絡むことはあんまり話したらいけないって言われたことある。

そして、政治の話は大好き。
そうそう、今日は会話のレッスンしたのですが、
フランスの政党や政治の話が出て、とっても苦しんだ。
そもそもノリについていけんorz この話題では会話にならんかった…。
私がとっつける話題をこちらから提示しなくては…。


共通テーマ:資格・学び

le courant → 流れ  7月 → juillet [今日の単語]

Transparent LanguageというサイトのWord of the dayを基にして、
単語を調べたり、プチ作文しています。
思いつくままに書いているので、間違いがたくさんあると思います。あしからず。

フランス語日本語

le courant → 流れ
水や空気、人、時間、物などさまざまなものの流れに充てることができる。

La baignade est autorisée dans cette zone,
mais il faut tout de même faire attention au courant.
このエリア内では遊泳が認められていますが、
エリア内でも流れには注意してください。

そういえば、もらったメールにこんな表現あったな。
J'attends votre message dans le courant de la semaine prochaine.
来週中にお返事ください。待ってます。 てな、感じかな?
dans le courant du mois       今月中に
dans le courant de la semaine   今週中に

autorisé    許可された、認可を受けた
autoriser qc à inf   許可する、認める、認可する
s'autoriser de qc   ~をよりどころにする、口実にする、自分に~を許す
interdire   禁止する、禁じる
tout de même / quand même  それでも、やはり、それにしても、まったく


日本語を、フランス語に

7月 → juillet

7月に日本に行くつもりです。
J'ai l'intention d'aller au Japon en juillet.
J'ai l'intention d'aller au Japon au mois de juillet.

avoir l'intention de inf.  ~するつもりである。

1月  janvier
2月  fevrier
3月  mars
4月  avril
5月  mai
6月  juin
7月  juillet
8月  août
9月  septembre
10月 octobre
11月 novembre
12月 décembre

基本なのに綴り間違うなぁ。まだまだダメっす。

今日はこの辺で。

共通テーマ:資格・学び

bougeoir → ロウソク立て・燭台  日曜日 → dimanche [今日の単語]

Transparent LanguageWord of the dayを基にして、
単語を調べたり、プチ作文しています。
自分の勉強のために思いつくままに書いているので、
間違いがたくさんあると思います。あしからず。


フランス語から日本語

un bougeoir → ろうそく立て、手燭
une bougie → ろうそく、点火プラグ、(医)ブジー

Ma cousine a une superbe collection de bougeoir
dans lesquelles elle dispose des bougies parfumées.
私のいとこはアロマキャンドルをおくキャンドル立ての
素敵なコレクションをもってる。   ← 直訳だと、ひどい日本語。
    ↓
私のいとこのキャンドル立てのコレクションは素晴らしくて、
アロマキャンドルを置くのに使ってるんだ。
 とか、
私のいとこはアロマキャンドルを置くのに、
キャンドル立てをコレクションしていて、それは素晴らしいんだ。
 などと、勝手に意訳。

une cousine いとこ(女性)
un cousin  いとこ(男性)


日本語から、フランス語に

日曜日 → dimanche

本日のお題は…、簡単に見えて、考えさせられるお題だ。

日曜日に、モールに行きましょう。

Dimanche, allons au centre commercial !
私たちだけで、これから計画を決めて、一緒に行こうよと誘っている?

Dimanche, venons au centre commercial !
もしも、もう一人モールに行く人がいて、
その人と一緒に私たちも行きましょうよという場合は、
venirを使ってもいいような…。

勧誘ではないけど、下のような表現も使えそう。

On va aller au centre commercial dimanche ?
日曜に、モールに行きましょうか?
Tu viens au centre commercial avec moi dimanche ?
日曜に、私と一緒にモールに行きますか?

次の日曜日とはっきり言いたいならば、dimanche prochain

une supérette       コンビニエンスストア 小さめなスーパー
un supermarche     スーパーマーケット
un centre commercial  ショッピングセンター
une grande surface   (一階建の)大型店舗 ←コストコのようなものを指す?

曜日
lundi
mardi
mercredi
jeudi
vendredi
samedi
dimanche

木曜日をいつも忘れる…。
木曜日は朝から夜まで仕事で私用に使えず、Quoi de neuf ? を話すときに、
Jeudi, je suis allée....とか使ったことがないからと思う。
同じような理由で、月ではaoûtが出てこない。まんべんなく覚えなくては(苦笑)

共通テーマ:資格・学び

s'avérer → 証明される  いつも → toujours habituellement [今日の単語]

Transparent LanguageWord of the dayを基にして、
単語を調べたり、プチ作文しています。
自分の勉強のために思いつくままに書いているので、
間違いがたくさんあると思います。あしからず。


フランス語から日本語

s'avérer  証明させる、判明する  属詞を伴う。
      il s'avére que ind. であることは明白だ

cette affaire qui semblait des plus sérieuses
s'est avérée n'être qu'une mascarade.
最も深刻と思われていたこの事件は偽装にすぎないと判明した。

このフランス語の文章、文法的に不明な部分がある。

Cette affaire semblait des plus sérieuses.
 
ここのdesは、不定冠詞のdesなのか、縮約のdes (de+les)なのか。
縮約としたら、ここのdeは、前置詞なのか、形容詞が前についた場合の不定冠詞なのか。
そもそも、semblerがdeを伴うってあったっけ?

Cette affaire semblait une des plus sérieuses.

と、書いたほうが良いんのではないか?とか。
もしも解明したら、ここに書きたします。

une affaire  事柄、用事、仕事、厄介事、事件
sérieux / sérieuse 真面目な、真剣な、深刻な、重大な、確かな
いずれも意味に広がりをもっている単語。

la mascarade
1. divertissement où les participants sont déguisés et masqués
  参加者が仮装と仮面をつけた遊び  
2. déquisement, accoutrement ridicule ou bizarre
  仮装、滑稽や変な身なり
3. actions, manifestations hypocrites ; mise en scène trompeuse
 偽善的・うわべだけのな言動、偽りの演出



日本語から、フランス語に

本日のお題は…、「いつも」。
あの学生はいつも宿題を忘れてくる。

いつもと言えば、toujours? 一番最初に考え付いたのは、

Cet étudiant oublie toujours ses devoirs.

でも、faire ses devoir  「宿題をする」のを忘れてくると考える方が自然。

Cet étudiant oublie toujours de faire ses devoirs.

それに、たまにはちゃんと宿題してくることもあるでしょう…。
「常にtoujours」というより、「習慣的にhabituellement」が良いかも。
habituellementを使うと、faire ses devoirsでなくてもよさそうな気がする。
しかし、どうしてそう感じるのかは、自分でもよく分からん。

Cet étudiant oublie habituellement de faire ses devoirs.
Cet étudiant oublie habituellement ses devoirs.

いつも 1. 常時、常に toujours
     2. 習慣的に、habituellement

日本語からは離れてしまうが、
avoir l'habitude de を使って、下のような書き方も出来そうだ。

Cet étudiant a l'habitude d'oublier de faire ses devoirs.
あの学生は、宿題をするのを忘れる習慣がある。
個人的にこの書き方が一番気に入った。

宿題の提出期限を忘れるという可能性もなくはない…。

Cet étudiant a l'habitude d'oublier du date limite pour présenter ses devoirs.
あの学生は宿題を提出する期限をいつも忘れる。

宿題を家に置き忘れてくるニュアンスを強調するなら、

Cet étudiant a l'habitude de laisser ses devoirs à la maison.
あの学生はいつも宿題を家に置き忘れてくる。

「忘れてくる」の「くる」というところに焦点を当てると…、

Cet étudiant a l'habitude de venir au cours sans faire ses devoirs.
あの学生は宿題することをせずに、教室に来る。

どんどん妄想が広がっていくが、今日はこの辺で。


フランス語の単語は見かけないレベルのもので、
日本語は基礎の基礎単語というこの構造…。
私のフランス語力の現状に合っているな(苦笑)


共通テーマ:資格・学び

vérité → 真実   行く → aller [今日の単語]

Transparent LanguageWord of the dayを基にして、
単語を調べたり、プチ作文しています。
自分の勉強のために思いつくままに書いているので、
間違いがたくさんあると思います。あしからず。


フランス語から日本語

la vérité 1. 真実、真相、事実  2. 真理  3. リアリティー、迫真性

La vérité existe quelque part.
真実はどこかに存在している。/ 真実はどこかにある。

表面的に見えてなくても、かならず真実はある。ってことかな?


quelque part  どこかに、どこかで


そういえば、昨日mascaradeを調べていて見つけたフレーズ。

" Qu'est-ce qu'un personnage ?
 Ce n'est que la vérité d'une mascarade."
- George Gordon, Lord Byron

今一つ意味が解らないので、宿題としてとっておくために記録。
バイロンだから、原文は英語だろうな。


日本語からフランス語に

本日のお題は、基本中の基本。

行く aller, venir

作文のお題も、超シンプルだ。
「日本に行きたい。」
あまりにシンプルなので、すこしバリエーションを考えた。

Je veux aller au Japon.
直説法なので、意志が明確。現実味ただよう。 
「行きたい!」って感じ

Je voudrais aller au Japon.
条件法を使っているので、少し現実味が薄れてくる。 
「行きたいなぁ」って感じ

J'aimerais aller au Japon.
さらに、夢見るムード、空想ムードもただよう。 
「行けたらいいなぁ」くらいの感じ。



日本語で「行く」と言うけど、フランス語で「venir 来る」を使う場合、

君も、今夜、一緒にバーに飲みに行くかい? 
                 飲みに来るかい?ともいえる。
Tu viens un verre au bar avec moi ?
語り手はすでに飲みに行く目的地を定めていて、そこに行く。

お店などで、店員さんを呼んだ際の返事。
Je viens tout de suite.
すぐにまいります。すぐに行きます。
語り手である店員さんが呼びかけたお客さんの場所に行く。

相手がいる場所、行く予定になっている場所に行くときにはvenirを使う。

共通テーマ:資格・学び

逃避中…  Je fuis devant mon devoir.... [フランス語を書く]

En fait, j'aime beaucoup les dessins animés japonais.
Hier soir, j'ai trouvé un le film japonais que je préfére, en français.
Peut-être, ça me plaît mieux que les autres genres de film français.
   ↓
Peut-être que je préfère ce genre de films aux autres films Français.
Quel film ?
C'est "Evangelion", un des meilleurs de dessins animés japonais que je connaisse.
...Je vais le regarder avant mon sujet devoir en français que je dois faire ce soir.
   ↓
...Je vais le regarder avant de faire mon devoir de français qu'il faudrait que je finisse ce soir.
C'est une action de la fuite devant la réalité, je le sais. (^▽^;)


実は、私、日本のアニメが大好きなのですよ。
昨夜、好みの日本映画フランス語吹替え版を見つけました。
たぶん、ほかのフランス映画よりその映画の方が私は気に入ると思うんです。
どんな映画かって?
これです。
エヴァンゲリオン、私の知っている最高の日本アニメの作品の一つです。
私、今夜やらないといけないフランス語の課題の前に、これを見ます。
これって、現実逃避です。自分でも分かってます。(^▽^;)

2012.09.12
別館ブログで添削していただきましたので、追記してます。
ウちゃんさん、いつもありがとうございます。

共通テーマ:資格・学び

pot-de-vin → わいろ   見る → voir [今日の単語]

Transparent LanguageWord of the dayを基にして、
単語を調べたり、プチ作文しています。
自分の勉強のために思いつくままに書いているので、
間違いがたくさんあると思います。あしからず。


フランス語から日本語

un pot-de-vin / des pots-de-vin  わいろ、リベート
元々は、酒場でポットからワインを注いでもらうためにわたすチップのことだった。
いつもチップを渡して、良い状態を特権的にキープすることがあり、
そこから、不正なお金を渡して、何かの待遇を見返り受けることに、
つまり、「わいろ」を指すようになったらしい。

シノニム
un dessous-de-table 複数形も同じ。 わいろ、袖の下
un arrosage 水撒き、散水  → わいろを贈ること、贈賄

arroser 水を撒く、水を欠ける、 arroser A de B  A(食事)にB(酒)を添える


Le maire de cette petite ville tranquille
est poursuivi pour une affaire de pots-de-vin.
この静かな小さな町の町長が収賄事件のために起訴される。

poursuivre  1.追いかける、追跡する 2.付きまとう 3.続ける・続行する
4.追求する 5.訴追する・起訴する


日本語からフランス語に


見る  voir, regarder

まだ混乱している、この二つの単語のの使い分け…。

今日のお題は…、「昨日、面白い映画を見た」
この場合は、regarderで間違いないです。

Hier, j'ai regardé un film amusant / intéressant.

voir      見える、目に入る
regarder   見る、注視する

「おもしろい」については、過去記事を参照。


映画を見ながらやっているので、今日は堀り下げる時間がないです。

共通テーマ:資格・学び

toile de maître → 名作、傑作   勉強する → étudier, faire une réductiion [今日の単語]

Transparent LanguageWord of the dayを基にして、
単語を調べたり、プチ作文しています。
自分の勉強のために思いつくままに書いているので、
間違いがたくさんあると思います。あしからず。


フランス語から日本語

toile de maître  名作、傑作

toile    布、キャンバス 転じて、絵画
maître   主人、飼い主、巨匠、先生
maîtresse 女主人、女性の飼い主

Ce Monet, une véritable toile de maître a été vendu
aux enchères pour plus de 4 millions d'euros.
素晴らしい傑作であるこのモネは400万ユーロ以上で売却された。

enchère   競り 複数形でオークション(いくつも競りが行われるから)
million   名詞なので、後ろに de を伴う。
mille     形容詞なので、4 mille eurosになる。単複不変です。
       なぜかというと、実はmilleは複数形なのです。
       単数形はmilだったのですが、いつからかすべてmilleを使うようになったとのこと。


日本語からフランス語に

勉強する  学習する étudier, apprendre, travailler
        値切る  faire une réductiion, faire un prix

今日のお題は「今、フランス語の勉強をしています。」

現在進行形なら、
Je suis en train d'étudier le français maintenant.

単に、丁寧語としてとると、
J'étudie le français maintenant.

作文講座もあるので、あっさりこの辺で。

共通テーマ:資格・学び

enquêteur → 調査員   買う → acheter [今日の単語]

Transparent LanguageWord of the dayを基にして、
単語を調べたり、プチ作文しています。
自分の勉強のために思いつくままに書いているので、
間違いがたくさんあると思います。あしからず。


フランス語から日本語

enquêteur, -se   捜査官
enquêteue, -trice 調査員、アンケートを取る人

Le siège européen de la société a envoyé
un enquêteur spécialisé concernant les problems de comptabilité.
社のヨーロッパ本部は経理問題に対するスペシャリストである調査員を送った。
社のヨーロッパ本部は経理問題専門の調査員を送った。

ここは調査だと思う。

enquêter  調査する、アンケートを取る、捜査をする (sur...)
enquête  1. 調査、アンケート、2. 捜査、取調べ、2. 審査、 4. 尋問・証人尋問

investigateur, -trice (系統立てた)調査、研究、捜査
investiguer   調査する、研究をする、捜査する (sur...)


日本語からフランス語に

買う acheter

新しいコンピューターを買いに行きます。
Je vais acheter un noubeau ordinateur.

お金関連の単語をいくつか

acquérir     取得する、獲得する
arroser      わいろを渡す、買収する
commander   注文する
corrompre    買収する、わいろを贈る
payer       支払う
soudoyer     人を金でやとう、買収する


今日もあっさりとこの辺で。

共通テーマ:資格・学び

chandelier → ろうそく立て、燭台   いただきます → ??? [今日の単語]

Transparent LanguageWord of the dayを基にして、
単語を調べたり、プチ作文しています。
自分の勉強のために思いつくままに書いているので、
間違いがたくさんあると思います。あしからず。


フランス語から日本語

chandelier  ろうそく立て、燭台 ろうそくは単数でも複数でもよい。

bougeoir   ろうそく立て、 手で持つ燭台
candélabre 枝分かれした複数用のろうそく立て
girandole.  枝分かれした複数用の飾りろうそく立て

Quand je suis entré dans le manoir,
j'ai remarqué tout de suite le magnifique chandelier de l'entrée.
私がその館に入ると、すぐに入り口のすばらしい燭台が目に入った。

un manoir  中世の領主の館・屋敷、小さな古城・館


日本語からフランス語に

今日のお題は、「いただきます」

実は、フランスでは「いただきます」に正確に一致する声掛けはない。

Bon appétit (à tous) !   召し上がれ! 食事を楽しんで! 

これは食べようとする人に対するフレーズなのだ。
自分も一緒に食べる時にも使う。
「いただきます!」≠「召し上がれ!」なのだけど…。
まあ、こういう声掛けは文化なので、フランス語のルールには従うことにする。


本来、「いただきます」 → 食事とそれを準備してくれた人たちへの感謝を表現。
Je remercie de recevoir ce repas.   この食事をいただけることに感謝!
とでも、いう感じではないかなと思う。

ついでに、「ごちそうさま」については、決まり文句はない。

先日フランス語吹替えのエヴァンゲリオンを見たのだが…、
食事終わった描写があり、そこでは「ごちそうさま」が以下のように表現されておった。
(冒頭から15~17分あたりだと思う)

Merci pour ce repas !  この食事に感謝!

調べてみると、以下のような言い方もあるようだ。

Merci pour ce délicieux repas !
Merci pour ce bon repas !

お食事に招かれたときに食べ終わったあとに使えそうではあるが、

招かれた場合、食事以外のもてなし全体に礼を述べるのが普通である。
帰る前には、

Merci, j'ai passé de bon moment.      ありがとう、楽しかったです。
Merci, j'ai passé une excellente soirée.   ありがとう、素敵な夕べでした。

この辺を使うのが、定石のようだ。


仏作文のお題は、「食べる前に、いただきますと言います。」
この文章は、「日本では」を加えるべきと思う。

Avant le repas, on dit (au Japon) : « Itadakimasu. »
Avant de manger,
Avant de prendre un repas,

avant de inf.  ~する前に
avant que sub.  ~する前に

時間とか理由の前置詞にqueが付くと、その後の動詞は接続法になるパターン。

今日もあっさりとこの辺で。

共通テーマ:資格・学び

délavé → 色あせた   いってきます → ??? [今日の単語]

Transparent LanguageWord of the dayを基にして、
単語を調べたり、プチ作文しています。
自分の勉強のために思いつくままに書いているので、
間違いがたくさんあると思います。あしからず。


フランス語から日本語

délavé    1. 色あせた、色が薄くにじんだ、淡い、2. 水浸しの

délaver    (水などで)色をぼかす・薄める、水浸しにする
laver     洗う

À force de laver mes vêtements à trop haute température,
ils sont délavés.
あまりに高温で洗ったので、僕の服は色落ちしている。

à force de inf. / à force de 無冠詞名詞  大いに~したので(すれば)


日本語からフランス語に

今日のお題は、「いってらっしゃい」

昨日と同じで、フランスでこれと正確に一致するフレーズはない。
出かける時に相手にかける言葉は、お別れするときにいう言葉を使う。

Au revoir !      さよなら、またね。
Tout à l'heure !   また、あとでね。
À ce soir !      今夜ね。
Bonne journée !  良い一日を

Amusez-vous bien ! / Amuse-toi bien !  楽しんできてね。

直訳を考えると、
「いってらっしゃい」というのは、「行ってきてください」ということなので、

Allez-y, s'il vous plaît !

これでは、敬語感がなさすぎて、ダメか(苦笑) 考えとこう。

ちなみに、「行ってきます」の方も、決まり文句はない。
たぶん一番近いのは…。

J'y vais !  行くね!

あとは、いってらっしゃいと同じフレーズを返すか、

A: Bonne journée !         良い一日を!
B: Vous aussi ! / Toi aussi !   あなたもね!

こんなパターンになると思う。

仏作文用のお題は、
買い物に行く母に「いってらっしゃい」と言った。」

J'ai dit à ma mère qui sortait pour faire les cours : « itterasshai. »
Quand ma mère sortait pour faire les cours, je lui a dit : « itterasshai. »

これって、出かけるに半過去を使う状況…。
意外に難しいな。

では、今日はこの辺で。

共通テーマ:資格・学び

これは、今までで一番AだったBです。 最上級と関係詞節 [フランス語に関するメモ]

いろんなことを思い出して、最高だった体験を語る時…

「今までで一番~だった~でした」

なんて、表現が使えると良いな。
フランス語教室で賛辞に使える表現をあれこれやっているのだが、

C'est le meilleur vin que j'aie jamais bu.
今まで飲んだ中で一番美味しいワインです。
    ↑
これは、完全にほめ言葉と思う…。
私が忘れがちなのは…、

C'est le meilleur vin que j'aie jamais bu.

最上級の後の関係詞節は接続法。
何回目だろう。これ復習するのは…。
さすがに、そろそろ覚えようよ。>自分。

おまけ

C'est le film que je n'avait jamais vu.
これは、私が一度も観たことなかった映画です。

良いほうにも悪いほうにも取れそうだ。
さらに言えば、単に事実を述べるのにも使えそう。
この後に、続きを予想させる。


共通テーマ:資格・学び

établi → 作業台  おはよう → Bonjour ! [今日の単語]

Transparent LanguageWord of the dayを基にして、
単語を調べたり、プチ作文しています。
自分の勉強のために思いつくままに書いているので、
間違いがたくさんあると思います。あしからず。


フランス語から日本語

un établi  作業台、仕事台
        Table de travail utilisée par les menuisiers, les serruriers...
menuisier   指物師、木工職人、建具屋
serrurier    鍵屋、錠前屋、金物製造業
une serrure  錠前、錠
une clé     鍵

Le plombier avait laissé son établi dans le garage,
et mon fils s'est blessé avec l'un de ses outils
配管工がガレージに作業台を置きっぱなしにして、
私の息子がその道具の一つでけがをした。

un plombier  配管工、(水道とかガスの)修理工
un plomb    鉛
鉛と配管とのつながりは、以前は水道管は鉛製だったから。
今はもちろん有毒性の関係から使われていない。

Mario est le plombier le plus connu du monde.
Luigi est le frère de Mario.
マリオは、世界で一番有名な配管工です。
ルイージはマリオの弟です。
   ↑
職業名を覚えてたあたりのノートにこんな文があった。
我ながらおバカな作文だよ(苦笑)

un garage   ガレージ、車庫、自動車工場
se blesser   けがをする

道具いろいろ
une ustensile   台所、園芸、洗顔、化粧用の道具
un outil      道具 (大工や庭仕事などの道具)
un instrument  道具、器具、計器、楽器 (精密な道具)
un appareil    器具、器械 (やや小さめな機械)
une machine   機械 器械 概ね電動のもの


日本語からフランス語に

今日のお題は、「おはよう」

Bonjour !  

ご存じ通り、「こんにちは」にも使える。

作文のお題は、「朝、先生に会った時に、「おはようございます」と言った。」

Ce matin, j'ai vu mon professeur, et je lui ai dit : «Ohayougozaimasu.»

「会った時に、言った」 時間の流れ的に
「出会って、そして、言った。」という流れ。

しかし、「会った時、フランス映画について話をした」とかなら、
「会っていた間に、話した」という流れになるかな。
Quand je voyais mon professeur, je lui ai palré du film français.

今のところの理解ではこういう感じかなぁ。実はまだ曖昧…。

では、今日はこの辺で。

共通テーマ:資格・学び

réprimander → しかる  こんばんは → Bonsoir ! [今日の単語]

Transparent LanguageWord of the dayを基にして、
単語を調べたり、プチ作文しています。
自分の勉強のために思いつくままに書いているので、
間違いがたくさんあると思います。あしからず。


フランス語から日本語

réprimander  叱責する、しかる、とがめる
la réprimande 叱責、懲戒、戒告

Cet élève a été réprimandé par le principal du collège
à sa mauvais conduite en classe de français.
あの生徒は、素行の悪さのために中学の校長からしかられた。

le principal(e)      中学校の校長

校長は学校によって、呼び方が違うようだ。 
un directeur d'école  校長
un proviseur       高校の校長


日本語からフランス語に

今日のお題は、「こんばんは」

Bonsoir !

これはこれでいいのではないかな。
作文のお題は、「夜、先生とコンビニで会った時、「こんばんは」と言いました。」

Ce soir-là, j'ai vu mon professeur au superette,
et je lui ai dit : « konnbannwa. »

お題の文章は「言った」とあるけど、「挨拶した」にしてみると…。

言う    dire
挨拶する saluer

saluerは挨拶する対象を直接目的語にとる。

J'ai salué mon professeur.  私は先生に挨拶した。
Je l'ai salué(e).         私は彼に(彼女に)挨拶した。


では、今日はこの辺で。

共通テーマ:資格・学び

attentat → テロ  はじめまして → Enchanté(e) ! [今日の単語]

Transparent LanguageWord of the dayを基にして、
単語を調べたり、プチ作文しています。
自分の勉強のために思いつくままに書いているので、
間違いがたくさんあると思います。あしからず。


フランス語から日本語

un attentat 1. テロ、襲撃、2. 侵犯、侵害( à... ~への)

Le plan Vigipirate a été instauré dans les grandes villes de France
afin de protéger le pays d'éventuels attentats.
予測されうるテロ活動より国を守るために、
ヴィジピラト計画がフランスの大都市で発動された。

vigipirate   vigie 警戒標識・監視室 + pirate 海賊
instaurer  設立する、創始する、創設する
évenrtuel      可能性のある、起こりうる、不確定な
éventualité     可能性、偶発性、予測されうる事態
evenuellement   場合によっては、もしかしたら

éventualité は、possibilité より可能性が低い感じがする。

Wikipédiaより、
Le plan Vigipirate est un dispositif de sécurité français
destiné à prévenir les menaces ou à réagir face aux actions terroristes.
ヴィジピラト計画は、
脅威を予測し、テロ活動に対処するためのフランスの安全対策措置である。

dispositif  対策
destiné à  ~の用途にあてられた、~に向けられた
menace  脅威、脅迫
menacer  脅す、脅迫する
réagir    反応する
face à   ~に直面して

1978年に創設され、政府の管轄になってます。
いろいろフランスの軍事にも複雑な事情があるようです。
警戒段階は0~4までの五段階になっており、
blan → jaune → orange → rouge → écarlate
色で警戒レベルが上がっていきます。
フランスが軍事国家であることをまざまざと感じる。

カンヌ映画祭の警備なども要テロ対策らしく、
警備はVigipirate活動としておこなわれているらしい。


日本語からフランス語に

今日のお題は、「はじめまして」

Enchanté(e) !

Je suis enchanté(e). を略しているので、性の一致が必要です。
作文のお題は、「はじめまして、田中です。どうぞよろしく。」

Enchanté ! Je m'appelle Tanaka.
Je suis content de vous rencontrer.

「どうぞよろしく」が実は難しいと思った。
書いたのは、「お会いできてうれしいです。」と言う意味で、
ここに、 Enchanté(e) ! を使うのも可能と思う。
挨拶は、私的な場面では姓だけですることはないと思う。
ビジネスな場面に関しては、全く知らないなぁ。

では、今日はこの辺で。

共通テーマ:資格・学び

仏作文力養成 第2回ビデオ受講雑感 訳の答えはたくさんある [仏作文力養成]

仏作文講座の添削が昨夜遅くに帰ってきた。

まずは、仏検用課題についての感想。

添削を見る前に、解説ビデオを見ていて、自分と単語の選び方や構文が違っていて、
添削がたくさん入っているだろうなと思っていたのだが、意外なほど添削は少なかった。

それで思い出したことがある。

以前、映画「ロシュフォールの恋人たち」の「双子姉妹の歌」の歌詞訳をみんなで取り組んだ。
あの時、「人の数だけ翻訳ができる。」というようなことを
織田先生が言われていたと思う。

確かに、同じフランス語から、ぜんぜん雰囲気の違う歌詞訳が出来た。
もとのフランス語の意味をきちんと伝えていれば、
「どれも正解」と考えてよいのだなと、私は思った。

今回は、その逆なのではないかな。

正解は一つではない、
翻訳すべき日本語を似た意味をもつ書き方はいろいろある。

まずは、その書き方が、「フランス語」にあるかどうか。
そして、元の文章の意味から逸脱しすぎてないか。

この2つのポイントを外さなければ、完璧な答えでなくても間違いではないのかな。

最近、日本語からフランス語に訳すことを毎日ほんの少ししていた時も、
「こうも書ける、こう書くのもよさそう。」といろんな書き方ができたり、
字義通り書いたら、フランスにならないものもあった。
(典型的には、「おはよう。」「はじめまして。」など)
読み手が同じ状況を感じる言葉を充てるだろう。
意味が違うといって、おこる読者も原作者もいないと思う。

読み手が感じるイメージが原文から離れないこと。
フランス語→日本語、フランス語→日本語、どちらに取り組むにせよ、
解釈があまりに自分勝手になるのには注意しなくてはいけない。

原文の書き手の意図をきちんと伝えることを踏まえてしまえば、
意味と表現を注意深く選択して、最後のどれを選ぶかは書き手次第で、
もちろん選んだ言葉がフランス語として自然に感じられるものでないといけないが、
多少のニュアンスの違いがあるのは、訳である故しかたない。
言語が違うのだから、全く同じには書きえない。

それが、翻訳なんじゃないかな。

あと、もう一つ、思い出したことがある。

チェコの作家で、フランスに亡命したミラン・クンデラ氏は
亡命後に自分のフランス語版の文体の流麗さを知って、
自分の率直な文体とあまりにかけ離れていたために、
その後、全作品をフランス語で書き換えたのだという話。

これは、極端な例だと思うけど…、
こちらの方が自然で美しいからといって、行き過ぎてはいけないらしい。

「名訳は翻訳に非ず」
翻訳家自体は作家でありすぎる必要はないのかもしれないな。


次に、DELF対策の方の感想。

DELFは、フランスでフランス語を使って生活できるか判定するテスト。

レベルに応じたフランス語力とフランスの常識を問われている。
もちろん、より高度な交渉のためにはより高度なフランス語がいるのだけど、
文書作成とか、交渉・説得とか、その辺の能力も見られているわけ。
どちらかというと、後者が日本にいると勉強できないんで、困ってしまう。

でも、交渉のやりかたのポイントを知ってしまえば、
基本的には自分で考えて自分の語学力に応じて、お題に沿った文章を書くだけ。
内容は自分の本当の意見でなくてもよく、想像力豊かに虚構を書いてもいいのだ。
正しいフランス語を作文する能力だけを見られてるわけではなく、
形式に乗っ取って、(例えば、手紙なら、最初と最後に決まり文句を書くとか)
内容に関しては、論理的に間違ってない構成で書くことが大事。
文法的には正しく書くのは必要だけど、
とりあえずは凝りまくった構文をバンバン使う必要はなさそうだ。

論理に関しては、
これまでの経験で、科学論文の書き方が応用できることがわかっているけど、
それでどこまでいけるのかがわかんないんですよね。
形式に関しては、
まだ勉強してない部分が多く、手紙の書き方とか見ないといけないな。
(友達宛のメールとはがきの書き方までしかやったことない)

フランス語の勉強にはならない感想を長々と書いてしまったorz


タグ:フランス語

共通テーマ:資格・学び

sans-fil → 無線電信  おなかがすいた → J'ai faim. [今日の単語]

Transparent LanguageのWord of the dayを基にして、
単語を調べたり、プチ作文しています。
自分の勉強のために思いつくままに書いているので、
間違いがたくさんあると思います。あしからず。


フランス語から日本語

une sans-fil 無線電信
un sans-fil  無線電信文、電報

Il n'y a rien de plus pratique que la technologie sans-fil.
無線技術ほど役に立つものはない。


wifi インターネットの無線通信 Wireless Fidelity

Protocole de communication permettant de connecter des machines
dans un réseau informatique, sans qu'elles soient connectées
à l'aide de câbles réseau
ケーブル接続なしに機器をネットに接続させる通信プロトコール

réseau local      ローカルエリアネットワーク LAN
réseau sans fil     無線LAN
réseau filaire      有線LAN
réseau à large bande ブロードバンドネットワーク
réseau haut débit   ブロードバンドネットワーク

RER  Réseau Express Régional  首都圏高速鉄道網


日本語からフランス語に

今日のお題は、「おなかがすいた」

J'ai faim.

「おなかがすいている」  状態を述べている。
「おなかがすいた」     状態を告げている。

フランス語ではどちらもJ'ai faim.でよい気がする。

作文のお題は、「お腹がすいて、何もできない。」

J'ai faim, donc je ne peux rien faire.
Comme j'ai faim, je ne peux rien faire.
Je ne peux rien faire, parce que j'ai faim.
Je ne peux rien faire à cause de la faim.

ジェロンディフを使うと、ニュアンスが変わるかも。
Je ne peux rien faire en ayant faim.
お腹がすいたままでは、何もできない。
お腹がすいている時は、何もできない。などなど。
フランス語教室で確認したところ、
この使い方だと、ジェロンディフは原因と考えるのがふつう。
だとすると、上の4つとほぼ意味は同じになるな。

ジェロンディフは文脈でどう取るかが違うので、いろんなパターンみていかないといけんな。


では、今日はこの辺で。

共通テーマ:資格・学び

enjoué → 陽気な  のどが渇いた → J'ai soif. [今日の単語]

Transparent LanguageWord of the dayを基にして、
単語を調べたり、プチ作文しています。
自分の勉強のために思いつくままに書いているので、
間違いがたくさんあると思います。あしからず。


フランス語から日本語

enjoué 陽気な、快活な
un jeu (des jeux)  遊び
une joie  喜び
jouer  (物事を全般に)乗じる → 遊ぶ、演奏する、上演する、演じる、などなど。

Nous apprécions beaucoup son attitude enjouée en tout situation.
私たちは、どんな状況でも陽気な彼の態度が好きだ。

apprécier  高く評価される、良さがわかる・好きである、評価する・見積もる・推定する
s'apprécier  価値が上がる、値上がりする

attitude     姿勢、態度、見せかけ
en situation  1.現実そっくりに設定された状況で、2.その場にふさわしい、適切な場面で


日本語からフランス語に

今日のお題は、「のどが渇いた」

J'ai soif.

昨日の j'ai faim. と同じ使い方

作文のお題は、「のどが渇いて死にそうです。」

Je meurs de soif.

「mourir de ~で死ぬ」の意味だが、
mourir de +無冠詞名詞  死ぬほど~だ、~で死にそうだ。
mourir de faim      空腹で死にそう、「餓死する」の意味も可能。
mourir de sommeil   死ぬほど眠たい
mourir de froid      寒くて死にそう  「凍死する」の意味も可能。
mourir de rire       笑い死にそう →笑い転げる、抱腹絶倒する
mourir d'amour      愛に焦がれる
mourir d'envie de +inf. 死ぬほど~したい。 ~したくてたまらない。

では、今日はこの辺で。

共通テーマ:資格・学び

élevage → 飼育、牧畜  どういたしまして → Je vous en prie. [今日の単語]

Transparent LanguageWord of the dayを基にして、
単語を調べたり、プチ作文しています。
自分の勉強のために思いつくままに書いているので、
間違いがたくさんあると思います。あしからず。


フランス語から日本語

un élevage  1.飼育。養殖、2.牧畜、3.(集合的に)家畜・人工飼育の動物、飼育場
élever     1.~を上げる、2.建てる、3.育てる、養育する 

élever は「双子姉妹の歌」に出てきてたな。
Nous fûmes toutes deux élevées par maman, 私たち二人はママに育てられた。

Ses parents possédent un élevage bovin de 550 bêtes.
彼の両親は、牛550頭の牧場を所有している。

動物の種類の形容詞
牛の bovin
豚の porcine
鳥の aviaire

インフルエンザ la grippe / l'nfluenza の記事などで見かける。
豚インフルエンザ la grippe porcine
鳥インフルエンザ la grippe aviaire


日本語からフランス語に

今日のお題は、「いいえ、どういたしまして」

Je vous en prie. / Je t'en prie.
De rien.

Je vous en prie.
1. どういたしまして - Merci beaucoup ! - Je vous en prie.
2. どうぞ。よろしいです。 - Puis-je entrer ? - Je vous en prie !   許可を与える返事
3. どうぞ(~してください) Asseyez-vous, je vous en prie !  丁寧な命令、勧誘

prier  1.祈る、祈願する 2.~するように頼む、お願いする

De rien.
1. どういたしまして。
2. たいしたことないです。

作文のお題は、
「いいえ、どういたしまして。また何かあったら、言って下さい。」
Je vous en prie. Si besoin, n'hésitez pas à m'appeler.

では、今日はこの辺で。

共通テーマ:資格・学び

条件法過去を使った作文 [フランス語を書く]

「虎と小鳥メンバー」ならだれでも知っているPenさんが

『「恋愛で学ぶフランス語」がこんなに長く続くと知っていたら、
 さらに先生が途中で説明を放棄することを知っていたら、
 私は、ブログに復習記事を書き始めていなかっただろう・・・
 条件法過去。鳥X2さん仏作文して下さい。』

penさんのいう鳥X2さんとは、私のことです。
ご指名をいただきましたので、考えてみました。

「こんなに」という部分がすっきり解決できてません。
「自分の予測より長く」と書き換えてます。

Si j'avais pu savoir que le la leçon de français avec la parole les palores d'amour continuerait plus longtemps que je prévoyais, et en plus que le professeur abandonnerait l'explication des phrases à mi-chemin, je n'aurais pas commencé à écrire le feuilleton sur mon blog, pour réviser ce cette leçon...

条件節がめちゃくちゃ長いです。
最初のSiから、à mi-cheminまでが条件節になります。

条件節は、大過去で書かれ、
savoirが導く節には過去の未来ゆえの条件法現在が含まれてます。
その条件法現在の節の中に、半過去(過去の現在)の節…、
最後に、条件節を受けての条件法過去です。
書いてる本人もよくわかってないです。絶対間違えてます。


少し工夫して、条件節を単純化に書き換えてみました。
「こんなに」もめんどうなので、「とても長く」にします。

Personne ne peut savoir connaître le futur.
Mais, quand le la leçon de français avec la parole les palores d'amour a commencé, si j'avais pu savoir connaître le futur, j'aurais su que ce cours continuerait très longtemps et que le professeur abandonnerait l'explication des phrases à mi-chemin, et donc je n'aurais pas commencé le feuilleton sur mon blog, pour réviser ce cette leçon.....

誰も、未来を知ることはできない。
でも、「恋愛で学ぶフランス語」の授業が始まった時に、
もし未来を知ることが出来たなら、
まず、この講座がとても長く続くことと、
先生が途中で説明を放棄することを知っただろう。
だから、私はブログにこの講座の復習の連載を始めなかっただろう・・・

まあどっちにしても、
フランス語は間違っている可能性は大なんですけど(苦笑)

最後に、
> penさん
予測できなかったからこそ、勉強続けられているんだし、
皆のために記事もかけるし、よかったのでは?

私もこうしてブログネタをいただけましたしね

共通テーマ:資格・学び

mal nourri → 低栄養の、飢餓の  コンビニ → une supérette [今日の単語]

Transparent LanguageのWord of the dayを基にして、
単語を調べたり、プチ作文しています。
自分の勉強のために思いつくままに書いているので、
間違いがたくさんあると思います。あしからず。


フランス語から日本語

mal nourri  
mal     悪い、低いなどの意味で、形容詞に接頭辞的に付くことがある
nourri    1. 食事を与えられた、食事付の 2. 充実した、豊かな
malnutrition  低栄養、栄養失調

Bien plus d'enfants que tu ne peux imaginer sont mal nourris en France.
フランスでは、君の創造よりずっと多くの子供たちが、
十分な食事を与えられていない。

虚辞のne
Bien plus d'enfants que tu ne peux imaginer
ここの形容詞節に含まれている、neは虚辞のneと言われているもの、
否定の意味はなく、この場合は論理の対立を表してると理解してる。

Elle est plus gentille qu'on ne croit.   みんなが思っているより、彼女は親切だ。

Pourquoi est-ce que ce gâteau appelle "éclair" ?
Parce qu'il faut le manger en un éclair avant que le chocolat ne fonde.
なぜ、このお菓子はエクレアと呼ばれているのか。
それは、チョコレートが溶ける前に
「雷(エクレア)に打たれたように(素早く)」食べないといけないからだ。
avant que + sub. 
fonde  fondreの接続法現在三人称単数

nourir    1. 食べ物を与える・食糧を供給する、ここから比喩的に意味が派生
        2. 授乳する・飼育する、3. 扶養する、4. (精神的に)培う、5. (感情などを)抱く
nourir (vi)  自動詞 滋養になる 
se nourir de   1. ~を摂取する、食べる、2. 没頭する、ふける

自動詞の場合は、摂取対象が主語になる。
Les fruits nourissent beaucoup.  果物は滋養になる

nourissant  栄養価が高い、栄養がある
nutrition    栄養
nourriture  1. 食べ物、食品、食糧  2. (精神的な)糧
nourrice    乳母、自宅で子供をあづかる保母
nourricier(e)  他人の子供を養う 養母 mère nourricière


日本語からフランス語に

今日のお題は、「コンビニ」

9月17日にすでに書いている。

une supérette       コンビニエンスストア 小さめなスーパー
un supermarche     スーパーマーケット
un centre commercial  ショッピングセンター・ショッピングモール
une grande surface   (一階建の)大型店舗 ←コストコのようなものを指す?

作文のお題は、
「コンビニで、お昼ご飯を買った。」
J'ai acheté des aliments pour déjeuner à la supérette.

un aliment  食べ物
le repas   食事

では、今日はこの辺で。

共通テーマ:資格・学び

仏作文力養成 第1回課題 見直し [仏作文力養成]

いきなりの到達目標にチャレンジというもの。
おそらく、先生と生徒ともに現状を知ることが必要だったからと思う。

仏検用課題

わたしの数少ない趣味の一つが美術館めぐりだ。
ぶらりと出かけ、ただぼうっと絵を眺めるのが好きだ。
何年ぶりかで見る作品との再会も楽しい。
初恋の人や古い友だちと出会った気分になる。

私の回答
Visiter un musée, c'est un de mes rares loisirs. J'aime aller au musée pour y flâner et regarder seulement des tableaux en rêvant. Ça m'amuse de retrouver une œuvre que je n'avais pas vue depuis quelques années. Ça me donne l'impression de revoir une première amoureuse ou d'anciens amis.

添削
Visiter un musée, c'est un de mes rares loisirs. J'aime aller au musée pour y flâner et regarder des tableaux en rêvant. Il m'amuse de retrouver une œuvre que je n'ai pas vue depuis quelques années. Cela me donne l'impression de revoir mon premier amour ou d'anciens amis.

2つめの分においては、模範解答に書いてない副詞句を使っている。
しかし、意味上の添削は受けていない。
ここから、私が感じたことは、こちらの記事に書いておいた。

また、きちんとした作文には、口語表現を入れないこと。
  ça や n'est-ce pas ?
私の場合は、çaを2度も使っている。

ce と il を主語に取る違いが今一つ不明確なので、再確認しておこう。

考えすぎて、時制を勘違いしている。


DELF用課題

La municipalité de votre ville a décidé de vendre un espace boisé à une société afin d'implanter un nouveau centre commercial. Vous êtes nombreux dans cette ville à souhaiter l'aménagement de ce terrain en parc. Au nom de vos concitoyens, vous écrivez au maire pour exposer la nécessité et les avantages d'un espace vert pour le bien-être de votre ville. (250 mots environ)

ざっくり訳すと、
市が木の生えた土地ショッピングセンターを誘致するために買うことを決めた。
でも、あなたはここを公園にしてほしい。市民の代表という立場で、
市長あてに緑地の必要性と利点を提示するための文章を250語程度で書くこと。


250語の文書作成はDELF B2レベルの課題です。
これを1時間・辞書なし・ボールペンで書かないといけません。
今回、私は3日がかり(6時間くらい?)・辞書(仏和のみ)・PCで書きました。
仏和限定なのは、辞書を使うのは、綴り確認に限定し、
知らない単語を使わないようにするためです。
ただし、孫引きで見つけた知らない単語は使ってます(苦笑)

長くて読む気を失いますので、添削後のもののみ、呈示しておきます。

-------------------------------------------------------------

Monsieur le maire,

Je m'appelle bird_bird, et je suis la déléguée des personnes qui s'opposent au projet d'exploitation des bois de cette ville. Nous savons que ce projet est de transformer cet espace en centre commercial. Mais nous ne sommes pas d'accord, c'est pourquoi je vous écris cette lettre. Nous voulons que cet espace vert soit aménagé en parc naturel. Nous avons deux raisons pour lesquelles nous vous écrivons.
    D’abord, nous devons protéger ces bois. En ce moment, les espaces verts ont disparu dans notre ville. L’endroit dont nous parlons contient une forêt naturelle. Il y a une diversité de vie. Si les bois sont coupés, elle ne reviendra plus. Nous voudrions que vous ne l'oubliez pas.
    La deuxième raison, c’est pour vivre agréablement. Dans le but d'une vie confortable, un espace vert est nécessaire. Nous nous reposons souvent dans la nature pour reprendre des forces. Nous pouvons travailler activement grâce à la forêt. Nous croyons que les activités des citoyens vous aident. Comme cet espace est le plus important pour cette ville, nous voulons qu’il reste sous la forme d'un parc naturel.
    Nous n'ignorons cependant pas votre nécessité de créer des emplois pour les jeunes et nous ne refusons pas l’aménager un centre commercial. Nous vous demandons de changer de place de la construction. Nous pensons que, si vous aménagez un centre commercial et un parc vert, notre ville sera plus agréable et cela nous plaira beaucoup.

Je vous remercie d'avoir pris du temps pour lire cette lettre.
Et nous espérons que vous examinerez nos opinions.

Cordialement vôtre.

------------------------------------------------------

これで、260語です。

添削箇所を理由により3つに分類してみた。
 ケアレスミス(綴り・活用間違い、冠詞の性数のミス)
 単語・前置詞の置き換え
 冠詞の使い方の理解の間違え

個人的な問題としては、ケアレスミスが非常に多い。
ただし、先生より「書くことで減ってくるものです」とのコメントをいただいた。

一部フォーマルだったり、専門的な単語を使うように添削されている。
gens → personne
changer → transformer
une diversité 多様性    など。
赤く長々と訂正受けている部分があるが、
ここは同じようなことを簡単な単語で書き連ねていた部分。
読めるけど、使えない単語が多いなぁ。もっと単語も増やさないと。

構成について
今回は、自分の意見を2つ提示、そのあとに、相手の意見も認めていることを入れた。

要望
 森を自然公園にしてほしい。
第1パラグラフ
 この森は自然林であり、種の多様性を守るために必要である。 必要性
第2パラグラフ
 公園が市民の活力再生に役立つものであり、それが市の支えになる。 利点
第3パラグラフ
 市長の提唱している若者ための雇用創出の必要性は理解しており、
 ショッピングセンターの建設場所を変更してほしい。 交渉・提案
結論
 公園とショッピングセンターの両方を手に入れられれば、市はもっとよくなるでしょう。

文の並べ替えは一切受けていなかったが、
自分の見易さ重視で、短かめで段替えしていたため、
論旨の転換点で、パラグラフをきっちり分けなおされていた。

実力以上のことをして、大変疲れたけれど、面白くもあった。
こんなんじゃ、DELF B1の課題もまだ書けないなぁ。
日ごろから、いろんな意見を書く練習する必要がありそうだ。

では、この辺で。




共通テーマ:資格・学び

un bouleau → カバノキ・樺  消しゴム → une gomme [今日の単語]

Transparent LanguageWord of the dayを基にして、
単語を調べたり、プチ作文しています。
自分の勉強のために思いつくままに書いているので、
間違いがたくさんあると思います。あしからず。


フランス語から日本語

un bouleau, -x  カバノキ  bouleau blanc 白樺

この単語、プチロワで赤字になっていた(驚) 大事なんだ。身近なのだろう。
さらに、おバカな私は、英語の birch がカバノキのことであることが初めて知った。 
植物に興味がないんだな。すこし、学習傾向の偏りを修正しないと。

Les services de la mairie ont planté des bouleaux tout au long de la route.
市の公共事業で、道路にそってカバノキが植樹された。

un service  手助け、サービス、公務、公共機関、(役所の)部署、(社会的な)義務
        奉公、(刊行物の)配送・配達、(乗り物の)運行、神に仕えること
意味の広がりが大きいが、
共通点は、見返りに直接的にお金を要求しない活動。
間接的にお金を払っているものは含まれているけど(笑)

(tout) au long de = (tout) le long de  ~に沿って(ずっと) ~の間中

道いろいろ
route        町と町を結ぶ道路・街道
autoroute     高速道路
chemin, sentier 田舎の未舗装の道路
rue         通り・街路  
boulevard     環状になっている大通り 虎と小鳥ではグラン・ブルヴァーでおなじみ
avenue       道沿いに並木のある大通り 日本でもよく見かける
chaussée     車道  地上階? 日本でいう1階 le rez-de-chaussée に使われてる
trottoir       歩道  虎と小鳥のパサージュ・デ・パノラマの回に出てきた。
前置詞はrue だけがdans 、他はsurを使う。


日本語からフランス語に

今日のお題は、「消しゴム」

une gomme  ゴム、ゴム糊、消しゴム、チューイングガム、たぶん、グミ(お菓子)も
gommer  消しゴムで消す、削除する、消し去る
        (工業などの作業で)ゴムを塗る(ゴム引きする)

une papeterie  文具
une trousse (d'écolier)  文具入れ 筆入れ
un stylo   万年筆   une plume ペン先  un bouchon キャップ
un stylo à bille ボールペン
un crayon  鉛筆
un cahier  ノート
une régle  定規
des ciseaux はさみ 複数形で使う


作文のお題は、
「消しゴム、貸して。」

単純な方から、丁寧の方向で考えてみた。
下に行く方が、「消しゴムを貸すかどうかの決定権」を相手にゆだねている。

Prête-moi une gomme !           消しゴム、貸せ!
Prête-moi une gomme, s'il te plaît !    消しゴム、貸してください。
Tu me prêtes une gomme ?         消しゴム、貸してくれますか?
Tu peux me prêter une gomme ?     消しゴム、貸すことできますか?
Tu porrais me prêter une gomme ?    消しゴム、貸すことができたりしますか?
Tu voudrais me prêter une gomme ?    消しゴム、貸したいお気持ちあるでしょうか?

prêter     物を無料で貸す  ただし、銀行が利子を取ってお金を貸す時にも使う
louer      賃料・使用料を取って、貸す 賃料・使用料を払って、借りる  
emprunter  物を無料で借りる ただし、銀行に利子を払ってお金を借りる場合も使う

なんで、銀行だけ特別扱いなんだろ?


では、今日はこの辺で。

共通テーマ:資格・学び

L'équinoxe d'automne 秋分の日 [フランス語を書く]

L'équinoxe d'automne est une des fêtes japonaises.

À la semaine de l'équinoxe, qui s'appelle "Ohigan お彼岸" en japonais, on va au temple où ses ancêtres reposent.
Au début, on nettoie la tombe de la famille, ensuite on y dépose des bouquets de chrysanthèmes, des gâteaux et quelque chose que les ancêtres aimaient, enfin on prie pour qu'ils reposent mieux.

秋分の日は日本の祝日の一つです。

日本語では「お彼岸」と言われる、分点のある週には、先祖の眠るお寺に行きます。
まず、お墓をきれいにし、
次に、菊の花束お菓子や先祖が好きだったものをそこに備え、
最後に先祖たちがより安らかに眠れるように祈ります。

日記というより、お彼岸の説明ですね。

---------------------------------------------------------
2012.09.23
別館ブログにて、添削いただいたので、追記。

la fête なので、性数一致をさせてなかったのだった。
基本的なミス。気をつけよう。


共通テーマ:資格・学び
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。