So-net無料ブログ作成
検索選択

malentendant → 難聴の   出来る → pouvoir etc. [今日の単語]

Transparent LanguageWord of the dayを基にして、
単語を調べたり、プチ作文しています。
自分の勉強のために思いつくままに書いているので、
間違いがたくさんあると思います。あしからず。


フランス語から日本語

malentendant  難聴の、耳の不自由な 難聴者

日本語の「音痴」の回で既習済み。

日本でも、障碍に対する用語についてはいろいろ気を使う時代になっているが、
フランスでも同じような配慮があるらしい。

官用語としては、sourd (耳が聞こえない)より malentendant が用いられるようだ。
surdité      難聴

Le langage des signes est indispensable pour les personnes sourdes et malentendantes.
手話は、聴覚障害者にとっては不可欠なものだ。

la langue   ここの言語を指す 諸言語の意味で、les langue
le langage  個々の言語ではなく、言語という抽象的なものを指すようだ。

la parole   話す言葉を指す
le dialecte  方言
le patois   方言より狭い地域で話されるもの 俚言、お国ことば

langageは、コミュニケーションや情報の伝達に使われる方法を指すので、
音を介さないものや、人の言葉以外にも使う。

langage des signes    手話
langage gestuel      身ぶり言語
langage des fleurs     花言葉
langage machine      マシン言語
langage programmation  プログラミング言語
langage des oiseaux    鳥のさえずり


日本語からフランス語に

今日の単語は、「出来る」

「可能である」
pouvoir
savoir
arrver à inf
permettre à qn. de inf.
「完成させる」
finir
achever
terminer
「出来上がる」
produire
être fait avec
être fondé

今日の作文のお題は、「ご飯が出来たよ。」
準備が出来たという意味では、être prêt が使えると思う。

Le repas est prêt.    

食事のところには、le dîner とかを入れることの方が現実的。


では、今日はこの辺で。

共通テーマ:資格・学び

humanité → 人類、人間味   うれしい → heureux [今日の単語]

Transparent LanguageWord of the dayを基にして、
単語を調べたり、プチ作文しています。
自分の勉強のために思いつくままに書いているので、
間違いがたくさんあると思います。あしからず。


フランス語から日本語

humanité  1. 人類、人間 2. 人間味、人情 3. 人間性

Tout au long de l'histoire, de nombreux fléaux ont menacé l'humanité,
mais jusqu'alors aucune solution n'a jamais été trouvée.
歴史上、数々の災禍が人類を脅かしてきた。
しかし、今に至るまで何一つ解決法は見つかってはいない。

un fléau, des fléaux   災い、災禍、大災害
jusqu'alors その時まで
solution   解決、解決法、解答


日本語からフランス語に

今日の単語は、「うれしい」

heureux, -se   幸せだ
content(e)     満足だ
joyeux, -se    楽しい
enchanté(e)    大変満足だ

今日の作文のお題は、「優勝できてうれしいです。」

Je suis content d'avoir remporté la victoire.
Je suis heureux d'avoir remporté la victoire

remporter la victoire en ~で優勝する
作文では、コメントしているときにはすでに優勝は決まっているから、
不定詞を複合形にして、一つ過去にずらしている。

時間がたっても、うれしさが続いているなら、主節は現在形でOK。


では、今日はこの辺で。

共通テーマ:資格・学び

Sandy : c’est quoi, cet ouragan ? [フランス語を読む]

1jour1acteの10月29日の記事

基本単語がすっと入ってくるし、内容もすでに知っていることが多いので、
自然科学的な内容は読みやすい。
気象関連の単語は、前に調べたこともあったしね。その時の記事
本当は自分の興味のあるものだけ読んでいてはいけないと思うんだけどねぇ。
読まないよりは、好きなものを読んだ方が良いと思っておる次第。

Sandy : c’est quoi, cet ouragan ?

ハリケーン「サンディ」って、何?

この画像で、君はハリケーン「サンディ」がキューバを通った時引き起こした被害を見て取ることができます。家々の屋根は飛ばされ、木々は根こそぎにされ、道が浸水しました。今後、ハリケーンはアメリカ海岸に進む。どのように発生し、なぜサンディと名づけられるのでしょう? 説明しましょう。

この写真は、キューバのキューバ本島南部の町、サンティアゴで撮影されました。10月25日木曜日、この男の子の家はハリケーン「サンディ」により大損害を与えられています。不幸なことですが、キューバではハリケーンがとても頻繁に通ります。男の子があまり混乱していないように見える理由のはそのためかもしれません。彼は、まだ使えるかもしれない物や容器を回収しようと探しています。

なぜ、この話を取りあげるのですか?
それは、サンディにより、すでにカリブ諸島で44名の死亡者と大きな物的被害が出ています。ハリケーンは日曜の夜にアメリカ東海岸、そして、ニューヨークの街に近づくと予想されていて、安全のために、航空便は休航、海岸や公園の閉鎖、何万という人が避難しています。

サンディとは何者?
それは、カテゴリー1のハリケーンです。段階は5まであります。ハリケーンは、まるでちょっとした独楽のように渦を巻く雲のかたまりです。サンディの風の強さは最高120km/hにまで達します。わかりやすくいうなら、それは高速道路の車のスピードです。
その上、サンディの強風は800kmの範囲に及んでいます。そのために、危険なのです。通過するとき、暴風雨、高潮となり、洪水を引き起こすこともありえます。
次のビデオで、君はアメリカに近づくサンディの様子がわかるでしょう。

ハリケーンはどのように発生するのでしょう?
まず、知らないといけないのは、ハリケーンは、海水が温かい熱帯で発生するということです。ハリケーンが発生するためには、雲が集まらなければなりません。温かい水が気化して、それが冷たい大気の層とぶつかると、渦が発生するのです。そして、この渦は風によって移動していきます。
その勢力と風の方向を研究することで、どこにハリケーンが進むかを予測することができます。これはサンディにも行われてます。日曜の夜には、アメリカ東海岸のそばを時速22kmの速度で進むようです。

なぜ、このハリケーンは「サンディ」と呼ばれるのでしょう?
ずっと以前から、気象学者たちは暴風雨それぞれを区別しやすくするために、これらに名前を付けています。
毎年、アメリカフロリダ州にある国立ハリケーンセンターが次のハリケーンのための名前のリストを作成します。
これらのハリケーンが猛威をふるう時期は、6月から11月の間と、季節性が明らかに存在するからです、シーズン最初のハリケーンはAから始まる名前を付けられ、次に進んでいきます。ですから、サンディSandyは、2012年の19番目のハリケーンということなのです。

今日の単語、ouragan ハリケーン

« ouragan » という言葉は、スペイン語で「嵐、暴風雨」を意味する« huracán » に由来する。 ハリケーンは風速が時速120kmを超えることもある猛烈な破壊力をもつ熱帯性低気圧です。この用語は大西洋北部に用いられます。太平洋北西部では、« typhon » タイフーン・台風、他の地域では« cyclone » サイクロンと呼びます。« ouragan »という単語は、感情の爆発を語るためにも使われます。たとえば、ce film a déclenché un ouragan de protestations !  この映画は抗議の嵐を巻き起こした。  


単語メモ

les dégâts  被害
lors de    ~の時に
déracinés  根こそぎになった
désormais  これから、今後
dévaster   荒廃させる、大損害を与える   
récipients  容器

les Caraïbes  カリブ海の島々?
évacuer   避難させる、立ち退かせる   

une échelle 梯子、階層・等級、規模、メモリ
une toupie  こま(独楽)

des vagues immenses 高潮 と思う

se former   形成される、できる、組織される
un amas    寄せ集め、堆積、集積 2.  星団
s’évaporer   蒸発する
un tourbillon  渦、渦巻き、旋風、つむじ風、急旋回

depuis toujours   ずっと以前から
météorologue   気象学者   météorologie, météorologique

établir une liste リストを作成する   établir 設置する、制定するなど
précis(e)   正確な、的確な、はっきりとした
sévir     2.猛威を振るう  1.厳しく扱う、厳しく罰する
dépasser  を追い越す、上回る
déclencher  引き起こす


サンディ、この記事の段階ではカテゴリー1であったが、
NYに近づいた時には、カテゴリー3レベルになっていたようだ。
強風圏は1200kmとかなり大型だったようで、
しかも、北部はハリケーン慣れしていないので、被害も大きくなってしまったのだろう。
大統領選にも影響がでるだろうな。
この被害への対応がうまくいけば、現職有利になる見込みかな?


共通テーマ:資格・学び

service → 部局   イケメン → un homme beau [今日の単語]

Transparent LanguageWord of the dayを基にして、
単語を調べたり、プチ作文しています。
自分の勉強のために思いつくままに書いているので、
間違いがたくさんあると思います。あしからず。


フランス語から日本語

service  1. 手助け 2. サービス、接客 3. (公務員の)勤務 4.(役所・企業の)部局、課、係

今日は、4番目の意味を使うようだ。

Le service comptabilité et le service ressources humaines
travaillent ensemble sur ce dossier.
経理部と人事部が共同でこの書類に関する仕事をしている。

le service ressources humaines  人事部、人事課
le service の後に、複数名詞がそのままくっつくのは少し変と思って、調べてみた。
部局の内容を示す場合、やっている内容をそのまま併記するのは可能なようだ。
ただ、le service des ressources humaines としているところもある。
もっとも一般的なのは、le service du personnel みたい。
もしかしたら、人と人的資源は違うのかもしれない…。

Le service comptabilité 経理部、経理課
comptabilité  これだけで経理課、経理係の意味があるためか、
le service comptabilité の方が多い。 le service comptable としているものもあった。
でも、この二つも違うものなのかも…。

調べれば調べるほど疑問が増えてしまうが、この辺にしておく。


日本語からフランス語に

今日の単語は、「イケメン」

時折、くだけた単語を持ち出してくる…。

un bel homme      イケメン    アンベローム
de beaux hommes   イケメンたち  ドゥボォゾーム

--------------------------------
2013.1.22 追記

思うに、個別にはイケているかどうかはかなり主観入ると思うんですけど…。
「イケメン」という概念としては、形容詞を後置した方がよさそう。客観的観点の問題。

un homme beau
des homme beaux

---------------------------------

アンシェヌマンとリエゾンをするので、発音も聴き取りにも注意しなくては。

今日の作文のお題は、「イケメンが好きです。」

J'aime les hommes beaux.

「イケメンというもの全般」が好きと思われるので、定冠詞複数を付けたけど…。

内面に関わらず見た目だけよければよいというこのご意見には、
個人的には賛同いたしかねる部分もある。
しかし、とにもかくにも、人は見た目に左右されがちな生き物だからねぇ。
私も観賞価値は認めざるをえない…。


では、今日はこの辺で。

共通テーマ:資格・学び

sans voix → 声もなく   イカす → être chouette [今日の単語]

Transparent LanguageWord of the dayを基にして、
単語を調べたり、プチ作文しています。
自分の勉強のために思いつくままに書いているので、
間違いがたくさんあると思います。あしからず。


フランス語から日本語

sans voix  声がない、声がでない、口がきけない
        être sans voix / rester sans voix

Après le discours du directeur général sur les résultats de l'entreprise,
l'équipe est restée sans voix.
会社の業績についての社長の話を聞いて、そのスタッフは(驚いて)声も出なかった。

un discours         1. スピーチ、演説、挨拶、2. 話、談義
un directeur général    副社長、専務取締役、局長 GM
un président-directeur général     社長(男性)
une présidente-directrice générale   社長(女性)

英語では、un directeur général をCEOと訳しているけど、
取締役、役員くらいの意味かも。


日本語からフランス語に

今日の単語は、「イカす」

魅力的、かっこいい
être charmant(e)    感じがいい、魅力的である
être attirant(e)     人をひきつける
avoir du charme    魅力がある

趣味がよい
avoir bon goût    センスがいい

もっとくだけた感じの表現が良いのかもしれないな…。
一つ思いついたのは、
être chouette   口語で、「すてきな、感じが良い、きれい」
la chouette    フクロウ

今日の作文のお題は、「あの子イカしてるね。」
日本語として、このフレーズ、いまどき使う人いるんだろうか???

Cette fille est (très) chouette.

Cette fille est charmante.
Cette fille a du charme.
Cette fille a bon goût.

こんな感じだろうか?


では、今日はこの辺で。

共通テーマ:資格・学び

un bienfaiteur → 後援者   ガリガリ → très maigre [今日の単語]

Transparent LanguageWord of the dayを基にして、
単語を調べたり、プチ作文しています。
自分の勉強のために思いつくままに書いているので、
間違いがたくさんあると思います。あしからず。


フランス語から日本語

un bienfaiteur  1. 恩人 2. 後援者、慈善家、篤志家

Cette école d'art fermera si on ne lui trouve pas rapidement
un bienfaiteur qui apporte des fonds.
すぐに基金を負担してくれる後援者が見つからないなら、この美術学校は閉鎖されるだろう。

同音異義語
un fonds   主に複数形で 資金、資本、基金
un fond    底、奥、背景、基本、基盤

bienfait       恩恵、利益、効用、 善行、親切
bienfaisant(e)   恩恵をもたらす、有益な、ためになる

Un bienfait n'est jamais perdu.
直訳すると、「善行はけしてなくなることはない。」
意味は、 Une bonne action trouve tôt ou tard sa récompense. とあったので、
「善行を施すと、いつかは自分にとって報酬となって返ってくる」という意味だろう。
日本のことわざでは、「情けは人の為ならず。」
              ↑
「情けは人のためにならないから、施すものではない」と勘違いしている人もいるらしいが、
「情けは人の為にあるものではなく、自分に為に行うもの。
 いつか返ってくるから、常々情けは施しておきなさい」という意味。


日本語からフランス語に

今日の単語は、「ガリガリ」  この変な単語シリーズいつまで続くんだ…。

すごく痩せているという意味だろうから、très maigre を使うといいと思う。
maigre 実はこの形容詞はちょっとネガティブなニュアンス。すでにガリガリ的な意味。
素敵に細身の方には、mince を使っていただくほうが良いようだ。

mince       薄い、ほっそりとした、すらりとした そんな意味
対義語
gros, grosse   太った

プチロワで、maigre を調べていくと、以下が見つかった。

ガリガリな
maigre comme un clou        釘のように痩せこけた
maigre comme un coucou      カッコウのように痩せこけた
maigre comme un hareng (saur)  (燻製)ニシンのように痩せこけた
sec comme un hareng (saur)     (燻製)ニシンのように乾ききった

釘みたいは日本でも使うし、ニシンはまだわかるけど、
カッコウはわりと太っていると思うんだよね。皮肉かな?


今日の作文のお題は、「彼女はガリガリに痩せている。」

Elle est très maigre.
Elle est maigre comme un clou.


今日は、私用でバタバタとしてしまい、これ以外全く勉強できなかったorz
しかし、気力も続かないので、これでおしまい。

共通テーマ:資格・学び

un accouchement → 出産   がり勉 → un étudiant bûcheur, un gros bosseur [今日の単語]

Transparent LanguageWord of the dayを基にして、
単語を調べたり、プチ作文しています。
自分の勉強のために思いつくままに書いているので、
間違いがたくさんあると思います。あしからず。


フランス語から日本語

un accouchement       出産、分娩

先日、お臍の話からの脱線、出産予定日で既習。
こうやって何回も出会うことで、記憶が強化されていくんだな。
だから、たくさん読んだり聞いたりしないといけないってことだと思う。

Ma belle-sœur est très fatiguée et risque un accouchement prématuré ;
C'est pourquoi il lui faut beaucoup de repos.
義理の妹はとても疲れていて、早産の危険もある。
だから、彼女には十分な休養が必要だ。

興味がわいたので、出産、妊娠に関わる医学フランス語を調べて、
後日まとめることにしよう。
今日は、仏作文をしないといけないので、無理。


日本語からフランス語に

今日の単語は、「がり勉」   まだ続くんだ、不思議な日本語シリーズ(-_-)

三省堂「大辞林」によると、
学校の成績をあげるために、他のことには目もくれずがむしゃらに勉強すること。
また、その人

ということは、以下のような感じでしょうか? 
Qui travaille fénétiquement pour obtenir de bons résultats de ses epreuves
une personne qui travaille fénétiquement pour ses epreuves

口語で、bûcherという動詞を見つけた。
bûcher      猛烈に勉強する
bûcheur, -se  猛烈に勉強する人、
étudiant bûcheur   がり勉、猛烈に勉強する学生

これがよさそう。勝手に「がり勉」に認定しておく。

---------------------------------------------------------
11月7日追記
Penさんより、gros bosseur もがり勉で使えるとご指摘いただきました。
1jour1acte! の過去記事でも使われていました。読んでいたけど、すっぱり忘れてました。
Mathématicien à 14 ans !
記事の最初4行目に書いてあります。

ちなみに、今日(11月7日)の単語はこの記事と同じで surdoué です。
こういう偶然も勉強している時の面白さの一つですね。

bosser, -se  勉強する(口語)
gros bosseur   たくさん勉強する人 → がり勉

こちらも、「がり勉」に認定しておきます。
---------------------------------------------------------------

作文のお題は、「あいつはがり勉だから、勉強ができるんだ。」

Il est un étudiant bûcheur, donc il est natural qu'il réusisse bien ses études.
「彼は、猛烈に勉強する学生だ。だから、彼が勉強でうまくできるのは当然だ。」

こんな感じかなぁ?

ちなみに、「がむしゃら」の意味は、「後先を考えないで強引に事をなすこと」 (大辞泉より) 
個人的に思うのは、大抵の場合、「がむしゃらに」勉強してもあまり成績は上がらないだろうな。
「何が必要なのか正しく判断して」勉強しないと、非効率でしかない。
成績が良い人のがり勉は実は全く「がむしゃら」ではないと思うよ。


では、今日はこの辺で。

共通テーマ:資格・学び

仏作文力養成 第8回ビデオ受講雑感 [仏作文力養成]

先週の仏作文のビデオの感想です。今週のではないです。

これまで8回の講義で作文をずっと教えてくださっているわけですが、
細かな表現や作法だけでなく、同じ力量でも質を上げていくコツも教えてくださっているなぁと、
今回のビデオを見ながら感じました。


和文仏訳の注意点

文法的にぬかりなく書くことがもっとも大事だけど、
日本語の意味に不足なく、フランス語上の意味で加味して、書く。

日本語 ⇔ フランス語直訳日本語 ⇔ フランス語

和文仏訳をするためには、
日本語の解釈を広げて、フランス語にしやすい日本語に直す。
書いたものがフランス語らしくなるように、言葉をを足す。

基本的に、翻訳の意識をもって書くのが大事ってことかな。

私の傾向として、なにより最初にフランス語にしやすいように日本語の意味をそぎ落とすので、
書いた文章を再度日本語に直してみると、意味に不足が生じがちになってしまうようだ。
もともとの語力が不足しているので、実力だけではそぎ落とすして書くしかないのだけど、
普段の練習では意味が不足しないように、日本語を書き換える意識で取り組もう。


DELFの文書作成での留意点

作文を書くときに、どういう注意をはらうか考えさせられた。

もちろん一番大切なのは、文法的に正しく書くことと思う。

時間が限られているのだから、完璧に書けるわけはないけど、
フランス語として不確かそうな表現はさけて、
確信のある構文を使った方が良い評価につながる。
ケアレスミスはできるだけ減らすように日ごろから気を付ける。

次に、内容の前後関係が支離滅裂にならないように書く。

最初によく構成を考えてから書き始める。
書き出してからも、内容を読み返しながら、論理矛盾なく書く癖をつける。

3つ目に注意したいのが、フランス語のお作法たち

繰り返し同じ単語や表現を使わない。
やや過剰と思っても、コネクタロジックを使う。
文語的な表現や、ジェロンディフの使用。
副詞などをフランス語的にぬかりなく配置する。

上記3点に配慮しつつ制限時間内に作文しなくてはいけないのだが、
この3つの習得のしやすさを比べると、下の方が簡単ではないかと…。

というのは、語彙が楽々と増えたり、文法力がめきめき上がったりすることはないし、
短時間でロジックに矛盾なく書くことにはかなりの構成力が必要なのに比べると、
フランス語のお作法は自分の知識をアピールすればいいだけだからだ。
使うポイントさえ間違えなければ、それだけで確実に評価が上がる。

特に、コネクタロジックに関してはそれほどパターンがあるわけではないので、
ここぞというポイントで入れていくのは非常に重要に思える。
試験のためにだけなら、ちょっと姑息に思えるかもしれないけど、
基本的にフランス語のルールにのっとっているのだから、
覚えて使えるほうがいいに決まっている。
ということで、しばらくコネクタロジックにこだわってみようかな。

---------------------------------------------------------------------

さてさて、第8回の添削も返ってきた。

仏検の方は、
我ながらかつてなく良い感じに書けていたが、やはり意味が不足している部分があった。
反省しつつ、第9回の作文は書いたが、どうだかなぁ。
仏検用和文、日本語的な省略が多いわりに、フランス語の嫌う繰り返しが多いような…。
わざと訳しにくく作っているとしか思えなくなってきている。

DELFの方は、
構成30分、自力のみで1時間半書いたベースに推敲も1時間半に制限したためか、
意味が不明な部分があり、先生より?をいただいてしまったorz
フランス語を書く練習なので、意味不明は避けたいところ…。
まだ今のところ、私は時間をかけて正しく書く練習をした方が良さそうだ。

2012.11.10追記
上記の意味不明になっている大元は、問題を完全に勘違いしていたため。
いくつかの理解間違いから、おそろしいことになっていたと判明した。
DELFにおいて、玉砕を招く一番怖いパターンだよorz
作文は内容が逸れていても、文法とか論理とかで若干は点もらえるのが救い…。

タグ:フランス語

共通テーマ:資格・学び

surdoué → 天才的な   人生 → la vie [今日の単語]

Transparent LanguageWord of the dayを基にして、
単語を調べたり、プチ作文しています。
自分の勉強のために思いつくままに書いているので、
間違いがたくさんあると思います。あしからず。


フランス語から日本語

surdoué   天才的な  極めて知能指数が高い
大人に対してではなく、子供に対し使われるやや特殊な形容詞らしい。

Cette école a ouvert une classe spécialement pour les enfants sudoués
où l'enseignement est mieux adapté à leurs besoins.
この学校は天才児のためにその必要性により合わせた授業をする特別クラスを開講した。

un enfant sudoué  天才児、ギフティッド

子供の知能指数は実年齢と精神年齢の比較評価でもあるので、
精神発達の速い低年齢の子供が高く評価される。
子供に対しては、IQより精神年齢で判定するのが良い。
ちなみに、20代の精神年齢は平均値15~17歳くらいだ。

さて、高知能者、いわゆる天才というものは、ある程度の割合で存在する。

知能の分布が正規分布であるとすると、
±2SD、つまりIQ70~130の間に95%が含まれる。

IQ130以上の人間は人口の2%程度。身の回りにも居ると思われる。
IQ145以上は1000人に1.3人くらいの勘定になる。
IQ160以上は10万人に3人程度。 母数が大きいと十分存在しうる数字ではある。

しかし、この高すぎる知能は学校の成績の良さとつながらない。むしろ、成績が悪いこともある。
通常社会の中では、ギフティッドの高すぎる能力はあまり伸びず、スポイルされるのだ。
社会は平均的な者で構成されて、その人たちに都合よくできているからで、
それゆえ、ギフティッドチャイルドに特別支援を与える必要性が生まれるわけだ。


日本語からフランス語に

今日の単語は、「人生」  la vie   ようやく、不思議シリーズ脱出

作文のお題は「人生、山あり谷あり」

La vie a des hauts et des bas.
Il y a des hauts et des bas dans la vie.

歌もあるんで、これで良いのかな。
hautは有音のhなので、エリジオンしません。


では、今日はこの辺で。

共通テーマ:資格・学び

sourcil → 眉   一生 → la vie [今日の単語]

Transparent LanguageWord of the dayを基にして、
単語を調べたり、プチ作文しています。
自分の勉強のために思いつくままに書いているので、
間違いがたくさんあると思います。あしからず。


フランス語から日本語

un sourcil    眉  末尾のLは読まない。(CRFLは読むことが多い)
avoir de gros sourcils    眉が太い
avoir les sourcils épais/minces 眉が濃い/薄い

un cil まつ毛
faux cils      付けまつ毛
battre des cils  まばたきをする
ciller        まばたきをする

Regarde comme cette petite fille fronce les sourcils
quand elle est insatisfaite ; elle est si drôle.
不満な時に、あの少女が眉をひそめるのを見てごらんよ。
とてもおもしろいから。

regarder comme ind.  どんなに~であるか見る
froncer les sourcils   眉をひそめる
sourciller         眉をひそめる


日本語からフランス語に

今日の単語は、「一生」  la vie  人生と一緒。

作文のお題は、「一生に一度のチャンスがやってきた。」

C'est la chance de ma vie !


では、今日はこの辺で。

共通テーマ:資格・学び

仏作文力養成 第7回課題 見直し [仏作文力養成]

効率が悪くて復習がゆっくりしかできない。スケジュールがどんどんタイトに…orz
もっともっとフランス語力を身に着けたいよ(泣)

さて、第7回課題の見直し。

仏検用課題

「私は待つのが苦手だった。ヨーロッパに旅行したとき、エレベーターにドアを閉めるためのボタンがなく、二、三秒の間にもイライラすることがあった。それにもだんだん慣れてくると、のんびりしたペースで生きるほうが楽であることに気がついた。」

私の書いた作文
Autrefois je n’aimais pas faire attendre. Par exemple, quand j’ai voyagé en Europe, il n’y avait pas de bouton pour fermer la porte dans les ascenseurs, alors j’étais irrité de cela deux ou trois secondes avant la fermeture de la porte. Mais, je me suis de plus en plus habitué à attendre, après, je me suis rendu compte qu’il était plus agréable de vivre lentement.

添削された作文
Autrefois je n’aimais pas attendre. Par exemple, quand j’ai voyagé en Europe, il n’y avait pas de bouton pour fermer la porte de l’ascenseur, alors j’étais irrité de cela deux ou trois secondes avant la fermeture de la porte. Mais, je me suis de plus en plus habitué à attendre, puis, je me suis rendu compte qu’il était plus agréable de vivre lentement.


間違って、「私は待たせるのが嫌いだった。」になっている。
  Je n’aimais pas faire attendre.
実は、「私は待たされるのが嫌いだった。」と書きたかったのだった。
  Je n'aimais pas me faire attendre.
正解は語義どおり「私は待つのが嫌いだった。」で良かったのだ。考えすぎ。
  Je n'aimais pas attendre.

「エレベーターに」とあったので、dans les acsenseurs と書いたのだけど、
「エレベーターの中にあるドアを開けるためのボタン」になってしまう。
それって、おそらくエレベーターの中に小さなボタンかドアがあるイメージ…。
このパターンのdansの使い間違いをよくするんだよね。
ドアもボタンもエレベーターの一部なので、 de l’ascenseur としないといけないのだ。

今回のことで、感覚としてやっと理解した感じがある前置詞3つ。
de    部分                    un bouton de l'acenseur
sur    くっついているのけど分離可能  une peinture sur le mur
dans  別の物体として中に入っている   le chat dans une boîte

「だんだん慣れてくる」 その後で、「気が付いた」
après   ある時点を基準として、その後に
puis    時間的な流れで、その次に、それから
私の文章の配置だと、puis になり、après を使うのなら、
Après que je me sois de plus en plus habitué à attendre, ...
こんな感じにしないといけないのかな?  

全体として
あっさりな感じで書く方針に変えて、単文は解答例に近づいてきたように思う。
文と文との接続のパターンにはいろいろあるようだ。
どうやら、日本語のニュアンスに近づけるために、少し工夫する必要があるようだ。


DELF用課題

今回はちゃんと手紙で書いた。


Monsieur le directeur

     Au nom des collègues de l’entreprise, je me permets de vous écrire afin de vous proposer certaines améliorations de la forme sur notre manière de travail. Maintenant Actuellement, il y a deux problèmes dans cette entreprise : de plus en plus nombreux sont les collègues qui ont des enfants en bas âge, sont de plus en plus nombreux, et il n’y a pas assez de places pour tous les employés. Nous avons trois propositions pour de résoudre ces deux problèmes.
     Au début D’abord, grâce à l’Internet, nous n’avons pas besoin de venir au bureau tous les jours. Il est possible de travailler quelques sortes d’ certaines affaires à la maison : préparer des dossiers, prendre des rendez-vous de clients, mais aussi assister à une réunion télévisée. Donc, nous voudrions que vous adoptiez le télétravail à domicile. Ensuite, nous vous proposons de faire un système pour ces télétravailleurs : deux personnes font une paire, et l’une alterne avec l’autre au bureau pour supporter en l’absence de son collègue. Enfin, ces deux personnes peuvent utiliser un seul bureau. Nous pensons que nos propositions résolvent résoudront votre problème du manque d’espace.
     Notre plan donnera permettra aux personnes qui ont des enfants de réduire du temps pour le déplacement, et ils pourront utiliser du temps gagné pour leurs enfants. Nous pensons que cela exercera une meilleure influence sur leurs travails. Nous espérons que tout le monde pourra travailler mieux dans notre entreprise, donc nous voudrions que vous examiniez nos propositions. Je vous remercie d’avoir lu cette lettre.
     Je vous prie d'agréer, Monsieur, l'expression de mes respectueuses salutations.

赤    語彙、内容の添削
ピンク  冠詞の添削
緑    時制の添削
青    性数一致やエリジオン忘れ、綴り間違い

自分で見直しできる部分が増えてきたようにおもう。
特に今回は冠詞の使い分けの間違いがなかったのは快挙!
しかし、これから起きると予想していることを書くときに、
未来時制を使い忘れることがあるので、気を付けよう。
使うの忘れがちな単語として、actuellement 現行 今の時点 現時点
「敬具」部分をごっそり書き忘れていた。


内容の構成についてのメモ

第1パラグラフ
勤務形態の変更について、提案がある。
現在、わが社には二つの問題がある。
   低年齢の子供を持つ社員が増えていること。
   すべての社員に対応できるスペースがないこと。
この二つを解決するための3つの提案をする。

第2パラグラフ
まず、インターネットの利用した在宅勤務を採用する。
次に、在宅勤務者を二人一組にしてお互いを補助しあう交代勤務システムを作る。
最後に、ペアを組んだものは一つの机を使うようにする。

第3パラグラフ
子供を持つ社員はこの改革案で移動のための時間が減る。
その時間を子供たちのために使うことができる。
それが、仕事にもいい影響を及ぼす。
全ての社員がよりよく仕事できるので、採用を願う。

第3パラグラフの「仕事にいい影響を及ぼす」理由づけがちょっと弱いかも。
「心の余裕が生まれることで、仕事にいい影響を及ぼすだろう。」くらい書けばよかったかな。

第2パラグラフのシステムの説明部分、これを自力のフランス語で書くのは無理だった。
自力達成不可能な計画を立ててはいけないと反省。

------------------------------------------------------------------------------------

第9回の課題を先ほど提出した。
手書き初稿は一時間で120語くらいで最後まで書けなかったし、
今回は、最初に作った構成ではどうしてもうまく話がすすまなかったため。

あきらめて、wordに入力して再構成すると、一転してどんどん書けるようになり、
一時は300語超になってしまう事態が発生してしまった。
結局、細かい部分をできるだけ省いて省いて250語まで減らした。
PCの威を借りて、作文をしているのだなと実感させられた。

課題送信後に、仏検講座のメールを読んだら、
「紙に書かないと潜在意識が本気にならないので、
 パソコンに打ち込むのはダメです。」 と書いてあった。

作文書くときも、wordでは添削が簡単すぎてちょっと問題あるなと感じた。
そもそも、DELF作文は、ボールペンでちゃんと紙に書けるようにならないと、ダメだしね。
これからも、初稿だけでも手書きする習慣を大事にしよう。

共通テーマ:資格・学び

un chien → 犬   クロワッサン → un croissant [今日の単語]

Transparent LanguageWord of the dayを基にして、
単語を調べたり、プチ作文しています。
自分の勉強のために思いつくままに書いているので、
間違いがたくさんあると思います。あしからず。


フランス語から日本語

un chien / une chienne  犬
un chiot            子犬

Je vous aurai ma jolie, et votre petit chien aussi.
僕にはあなたがいるだろうからね。いとしい人、それに、君の犬もね。

tutoyerじゃないのに…。愛の言葉を囁いていいのか? 告白じゃないのかな?
というわけで、訳にまったく自信がない。 もっと犬をメインの文章持ってくればいいのに。

-------------------------------------------------------------------------
2012.11.10追記

penさんが同じものを訳しておられるので、ちらっと見に行ってみたところ、
英語原文 I'll get you, my pretty, and your dog, too!
これはオズの魔法使いの西の魔女のセリフとのこと。

リンクを貼っておくので、penさんのサイトでご確認ください。
  → penのフランス語日記 FC2出張所 今日の単語:chien
動画でセリフのシーンも確認できます。

penさんは映画や音楽などにとても詳しく、ブログでもその知識を生かして、
いつも見ていて楽しく面白い記事ばかりなので、超お勧めブログです。

というわけで、訳は…

お前を捕まえてやるよ、お嬢ちゃん、お前の犬っころも一緒にさ。

こんな感じに変えておく。
vouvoyerだった謎も解けてすっきりした。
悪い魔女はドロシーには親近感ゼロと思われるからね。

----------------------------------------------------------------------------

そういえば、フランス語教室で、chienneを使わない方が良いと言われたことがある。
la chienne には、「身持ちのよくない女性」という意味があるから。
その先生は品のよくない言葉を理解しても使わないように教えることが多い。
反対に、DELFの受験する生徒に、Merde ! と好んで使う先生もいるw
使う言葉の品には個人差があって、真似したい・お手本にしたい人を見つけるのは難しい。


日本語からフランス語に

今日の単語は、「クロワッサン」  un croissant

un croissant  三日月  クロワッサンは三日月の形だからね。

作文のお題は、「クロワッサンが食べたい。」

Je voudrais manger un croissant.    食べたいなぁ。 やや空想含む。
Je veux manger un croissant.      食べたい。 現実化したい感じ。
Je veux manger des croissants.     何個か食べたかったらこっちかな?

こんな感じかな?


では、今日はこの辺で。

共通テーマ:資格・学び

妊娠に関するフランス語 [フランス語に関するメモ]

妊娠・分娩に関するフランス語を調べた。
私の人生において、もはや自分が出産することはないだろうけどねw

un accouchement  出産、分娩
un accouchement normal      正常分娩
un accouchement facile       安産
un accouchement difficile      難産
un accouchement prématuré    早産
un accouchement avanterme    早産
un accouchement sans douleur  無痛分娩

un terme de l'accouchement  出産予定日

un cordon ombilical   臍帯
un placenta        胎盤
un fœtus          胎児

être enceinte    妊娠している
Je suis enceinte de trois mois.   妊娠3ヶ月です。

une grossesse   妊娠
C'est une grossese de trente-cinq semaines.  妊娠35週です。
Je suis au sept mois de ma grossesse.      妊娠7か月です。

une couche       5. 複数形で、産褥、分娩、出産 1. 層、2.階級 3.おしめ
être en couches    産褥にある
faire ses couches   分娩する

fausse couches    流産

un avortement          流産
un avortement spontané  自然流産

une menace d'avortement      切迫流産
une menace de fausse couche  切迫流産

une grossesse extra-utérine   子宮外妊娠
une placenta praemia       前置胎盤

L'hypertension artérielle gravidique  妊娠高血圧症候群

une stérilité          不妊
une couches répétées   習慣性流産

contraceptif oral             経口避妊薬
une interruption de la grossesse   中絶
césarienne                 帝王切開

とりあえずこれだけだけど、記録。


共通テーマ:資格・学び

lisser → まっすぐにする   上手 → adroit, habile, bon [今日の単語]

Transparent LanguageのWord of the dayを基にして、
単語を調べたり、プチ作文しています。
自分の勉強のために思いつくままに書いているので、
間違いがたくさんあると思います。あしからず。


フランス語から日本語

lisser   なめらかにする、しわを伸ばす、つやを出す
lisse   なめらかな、すべすべした
 peau lisse      すべすべした肌
 cheveux lisses   まっすぐでつやつやした髪
 pneu lisse      すり減ってつるつるのタイヤ
lissage  なめらかにすること、皮革などの艶出し

Quel dommage ! Lucie a lissé ses cheveux !
Elle qui avait de si jolies boucles !
なんて残念なんだ! ルーシーが髪をストレートにしちゃってる。
彼女、すっごくきれいな巻き毛(カール)だったんだよ…。

une boucle  1. バックル、留め金、2. (金属などの)輪、イヤリング 3. 巻き毛、カール
boucler    他動詞 1.締める、留める 2.包囲する 4.(髪を)カールさせる
          自動詞 カールする、髪がカールする、巻き毛になる
les cheveux   髪  男性複数形


Elle a les cheveux longs. 彼女は髪が長い。 ロング

髪の毛に使える形容詞 全部男性複数に一致済み
mi-longs   ミドルロング
courts     ショート
frisés      カール、巻き毛
raides     硬い、ピンとたった
blonds   金髪、ブロンド
châtains  栗色
bruns    茶色
roux     赤毛
noirs    黒髪
gris     灰色
blancs   白髪


日本語からフランス語に

今日の単語は、「上手」

adroit(e)   器用な、巧みな
une adresse  器用さ、巧みさ
habile     巧みな、技量の優れた、熟達した
une habilité   巧妙さ、器用さ、熟達、敏腕

habile系は会得したものに使うんじゃなかったかなぁ。自信ないけど。

être adroit/habile à   ~するのが上手い

Monsieur Tanaka est habile aux échecs.  田中さんはチェスが上手い。
Monsieur Tanaka est adroit aux échecs.  田中さんはチェスが上手い。

上の二つは、技巧や技量のいる仕事に関して使うような気がする。

会話では、「上手」としてよく使うのは、bon や bien ではないかと…。
ということで、作文のお題は、「田中さんはテニスが上手です。」

Monsieur Tanaka joue bien au tennis.       田中さんはテニスを上手にする
Monsieur Tanaka est un bon joueur de tennis.  田中さんはいいテニス選手だ。

ちょっと意味が違ってくるけど、プチロワ和仏には以下の例文が出ていた。

Monsieur Tanaka est fort au tennis.        田中さんはテニスで強い。

こんなところが使えるのではないかな。


では、今日はこの辺で。

共通テーマ:資格・学び

TCF 初受験報告 [DELF関連]

仏検の要求する方向性にはついていく気のない私だが、
何かしらの負荷をかけないと勉強に弾みがつかないので、こっそりとTCFを受けてきた。
て、ここに書いたら、こっそりではないが…(苦笑)

受験日は、仏検の一週間前。
仏検が終わってから記事を公開の予定で、とりあえず記録。

続きを読む



共通テーマ:資格・学び

teindre → 染める   下手 → maladroit, malhabile, mauvais [今日の単語]

Transparent LanguageWord of the dayを基にして、
単語を調べたり、プチ作文しています。
自分の勉強のために思いつくままに書いているので、
間違いがたくさんあると思います。あしからず。


フランス語から日本語

teindre     染める、染め直す 髪を染める
se teindre  自分の髪を染める、自分を染める 布地が染まる
teint(e)    染められた
teintant    着色用の
une teinture    染色、染料
teinturerie     しみ抜きや染色もするクリーニング店、染色業、染物屋
teinturier     クリーニング屋、染物師、染色工

un pressing      洗ってプレスする通常のクリーニング店
une blanchiserie   白い布(下着シーツ)を洗うクリーニング店

J'ai teint mes vieux vêtements et maintenant ils ont l'air comme neufs.
私、古い服を染めたのよ。そしたら、今はまるで新品のよう。

古い   vieux vieil, vieille
新しい  neuf, neuve 新品の、出来立ての
      nouveau nouvel nouveaux, nouvelle  今度の、次の


日本語からフランス語に

今日の単語は、「下手」

maladroit(e)   不器用な、ぎこちない、軽率な、不用意な
une maladresse  不器用さ、腕前の悪さ
malhabile     不器用な、ぎこちない

「上手」としてbon や bien を使うように、「下手」として、mauvais や mal が使える。

ということで、作文のお題は、「私は絵が下手です。」

Je ne dessine pas bien.
Je suis maladroit au dessin.

描画は技巧の問題を含んでいるから、maladroitを使えそう。
絵が上手い下手と一般的に言うときは、デッサン力の問題だから
peindreより、dessinerなのではないかと。
星の王子も Dessine-moi un mouton ! と言っていたしなぁ。


では、今日はこの辺で。

共通テーマ:資格・学び

仏作文力養成 第9回ビデオ受講雑感 [仏作文力養成]

今回のビデオでは、正直目新しい内容はなかったと思う。
つまり、これまでの8回の中のどこかで触れられていたことを再説明する部分が多かった。
だから、役に立たないというわけではない。だって、繰り返さないと覚えられないから。

説明する立場からすると、「また説明するのか」と思うのだけど。
聞く人にとっては、初めてだったり、忘れてしまっていたり、忘れかけていたり、
いろんな状態なので、何度でも説明することが大事で、
しかも、大事なことほど、繰り返し繰り返し説明しなくてはならない。
これって、説明する側からすると、けっこうつらい時もある。

自分の仕事の愚痴はさておき、

講義も終盤に近づき、繰り返し何回も文章を書くにつれ、
何度も何度も同じパターンを使ったり、同じ間違いをしたりが増える
語学力の段階を上がるためには、この繰り返しで知識を固定しないといけない。

「何度やっても失敗する」と思いこむと、自己評価が下がるので、
「あ、前にもやった」と思い出せただけで、自分をほめておく。
良いところ探しで、モチベーション維持して、繰り返し学習しよう。
タグ:フランス語

共通テーマ:資格・学び

céder à vil prix → 捨て値で売る   命 → une vie [今日の単語]

Transparent LanguageWord of the dayを基にして、
単語を調べたり、プチ作文しています。
自分の勉強のために思いつくままに書いているので、
間違いがたくさんあると思います。あしからず。


フランス語から日本語

céder à vil prix   格安で売る、捨て値で売る

à vil prix   格安で、捨て値で
céder     1. (A à B) AをBに譲る、2. 譲渡する、売却する

Il voulait tellement se débarrasser de sa voiture
qu'il l'a cédée à vil prix au premier acheteur trouvé.
彼は車をどうしても処分したくて、最初に見つけた買い手に捨て値で譲ったほどだった。
最初についた買い手に捨て値で譲ってしまうほど、彼は自分の車を処分したかった。

tellement que   あまりに~で、~するほどだ
tel que       あまりに~で、~だ   telは性数変化する

se débarrasser de   捨てる、片づける、取り除く 2. 脱ぐ
un débarras       物置、厄介払い
Bon débarras !      せいせいした! 


日本語からフランス語に

今日の単語は、「命」  la vie

作文のお題は、「命あってのものだね。」
似たようなことわざがあるようだ。

Tant qu'il y a de la vie, il y a de l'espoir.  命ある限り希望はある

意味
Il ne faut jamais sombrer dans le désespoir, une issue est toujours envisageable.
絶望しても沈み込んではいけない、出口は常に見つけうるものだ。

un espoir      希望、望み、期待、見込み、
une espérance   希望、期待、見込み、 espérance de vie  平均余命
un désepoir     絶望、落胆、悲嘆

espérer       期待する inf / que ind. ~する・であることを期待する
désepérer      絶望する、de inf / que sub. ~することに絶望する
対義語なのに、不定詞とqueの後の法が違っている。要注意かも。

désespérément  1. 必死に、死にもの狂いで、2. 絶望的な気持ちで、3. どうしようもなく

tant que ind. ~する限り、~である間は


では、今日はこの辺で。

共通テーマ:資格・学び

仏検講座 2級模試  感想メモ [仏検対策講座]

ここ数週、作文しか勉強していないような状態で、

まったく仏検講座はスルーだが、
今日は時間があったので、仏検2級の方をやってみた。
5月から考えて、実質3回目であるが、今回初めてディクテと聴解問題もやった。


読解 50点
  時間 短縮60分で実施。
  基本的に受験のための演習をしていないので、前回51点より悪化。
  こんな風でよくはないと思うけど、まあ仕方ないかな。

前半12点 いまだ最低状態のまま。緑の本はほとんど頭に入ってないらしい。
問1 2/4
問2 2/10
問3 8/10
  これまでは問4から取り組んでいたのだが、今回は順番に取り組んだら、
  問2でまったく閃かず、最後でやろうと思ってたのに、戻るの忘れてた(苦笑)
  問2の2では、私はpeineを入れたのだが、これでも良くない?

後半 38点
問4 4/10
問5 10/10
問6 14/14
問7 10/10
  問4がぜんぜん頭に入ってこなかった。こういうのって大問題だなぁ。
  読めたり読めなかったりの差が激しいのは、語彙の偏りと不足がベースにあるからだろう。

書き取り   6/14
  単語の聞き間違いは一個だけだったのに、ケアレスで点数悪すぎ。字も汚いし…。
  聴き取り開始までの3分ってあっという間。
  ここ数週ディクテもさぼり気味なので、再開しなくては。
  
聞き取り   12点
問1 4/8
問2 8/10
  春の対策では途中で配信が途絶えたので、この問題は初めて取り組んだ。
  聞き取れる速度だけど、問題の要領を得ないうちに終わった感じ(苦笑)

合計 68点

進達度調査になるから、同じレベルのテストに取り組むのも良いね。
といっても、点数的には全然進達してないけど。
自分の中では5月に比べると解答時間は早くなってるし、
推測は減って確信を持って解答できる部分は増えている。

でも、まだまだ不十分。もっと頑張らないとダメだな。
もう少し2級で納得して解答できるようになってから、次は準1級に進みたいな。

まずは、語彙と書き取りのスピード不足だよなぁ。
それに、もっとたくさんフランス語を読もうっと。

共通テーマ:資格・学び

à califourchon → 馬乗りに   ドジ → une gaffe [今日の単語]

Transparent LanguageWord of the dayを基にして、
単語を調べたり、プチ作文しています。
自分の勉強のために思いつくままに書いているので、
間違いがたくさんあると思います。あしからず。


フランス語から日本語

à califourchon   馬乗りに、またがって

Les enfants jouent au cheval à califourchon
sur les genoux de leur père.
子供たちは、父親の膝にまたがって、乗馬遊びをしている。

jouer au cheval    乗馬あそびをする 個々の意味はこれかと思う。
faire du cheval    乗馬をする
faire de l'équitation  乗馬・馬術をする


日本語からフランス語に

今日の単語は、「ドジ」

意味は、「間の抜けた失敗をすること。また、そのさま。」 (大辞泉)

idiot(e)    ばかげた、愚かな
imbécle   ばかな、愚かな
stupide    愚かな、頭が鈍い
bête     ばかな、愚かな、うかつな

そういえば、ツイッター上の「恋愛で学ぶフランス語」で出てきた。
faire attention àの口語表現であるfaire gaffe à このgaffeの意味は…

une gaffe   へま、失言
faire une gaffe へまをやらかす
gaffer     へまをやる、失言をする

これが使えそうな感じか?

作文のお題は、「ドジをしてしまった。」

J'ai fait une gaffe !

では、今日はこの辺で。

共通テーマ:資格・学び

trèpasser → 他界する   矛盾 → contradiction [今日の単語]

Transparent LanguageWord of the dayを基にして、
単語を調べたり、プチ作文しています。
自分の勉強のために思いつくままに書いているので、
間違いがたくさんあると思います。あしからず。


フランス語から日本語

trèpasser    文語  他界する、身罷る
un trèpass   文語  他界、最後、往生
passer une vie à trèpass   他界する

Après avoir lutté contre la maladie pendant des années,
il a trèpassé ce matin.
数年間病気と闘った末、彼は今朝亡くなった。

trèpasser   助動詞は通常avoir、状態を表す時はêtreを使う。
良くわかんないけど、こんな感じってことかな?
Il a trèpassé ce matin.    彼は今朝死んだ。
Il est déjà trèspassé.     彼はすでに死んでいた。

状態は半過去で思ってしまいがちだけど、死ぬを半過去にすると…
Il trèpassait.           彼は死につつあった。
生から死の状態に移行しつつあるいまわの際のことになるのでは?
だから、状態を表す時には、助動詞êtreなのではないかな。確認しておこう。


日本語からフランス語に

今日の単語は、「矛盾」  la contradiction

une contradiction   1. 反論、抗弁、反駁 2. 矛盾、相反すること、矛盾する点
contredire        反論する、抗弁する 2. 物事が食い違う、~と矛盾する
se contredire      矛盾したことを言う、自己矛盾に陥る

un désaccord      不一致
une compapatibilité  非両立

作文のお題は、「彼の理論は矛盾だらけだ。」
「だらけ」という部分が表現しにくいな。

Sa théorie a beaucoup de contradictions.
Il y a plein de contradictions dans sa théorie.

Sa thèorie est plein de contradiction. ←矛盾だけで満ちている感じになるかも。


では、今日はこの辺で。

共通テーマ:資格・学び

仏作文力養成 第8回課題 見直し [仏作文力養成]

仏検用課題

「30年間、私は会社帰りに週2,3回のプール通いを続けている。会社では仕事のことでストレスも多いが、プールに入れば忘れられる。泳いでいるあいだは何も考えないので、気分転換になる。」

私の作文
Depuis trente ans, je vais à la piscine en rentrant du travail, deux ou trois jours par semaine. Au bureau, je suis très stressé à cause de mon travail, mais à la piscine, j’oublie mes soucis. En effet, quand je nage, je ne pense à rien. Cela me change les idées.

フランス語としてはノーミスのようです。でも…、訳すと、
「30年間、私は仕事から帰る途中に、週2、3回プールに行く。会社では、仕事のためにとてもストレスが多いが、プールでは、気がかりを忘れる。実際、泳いでいる時は、何も考えない。そのことが気分転換になる」

「30年間、プール通いを続けている」 
Depuis trente ans, je vais à la piscine.
続けているという部分をバッサリ切り落としている。
最初に、depuis 30 ans と現在までの継続性が出ているので、確信犯。
解説でも現在形でも十分可能と言われたものの…

解答例では、
Depuis trente ans, je continue d’aller à la piscine.
となっていた。

次に、プールに入れば何を忘れられるのかという部分では、勝手に「気がかり」を足してる。
J’oublie mes soucis.
まあ、ここは何かを足さないといけないんだけど、tout で十分だったようだ。

訳文を尊重する方針は持ちながら、訳の足し算引き算難しいなぁ。
この意味では、自由作文は気楽。


DELF用課題
Votre direction a proposé de consulter le personnel sur la mise en place de la modulation du temps de travail : horaires adaptables en fonction du carnet de commandes et des besoins individuels de chaque salarié.
En tant que délégué du personnel, vous avez organisé une réunion avec l'ensemble des salariés pour recueillir les avis de tous.
Vous rédigerez le compte rendu de cette réunion que vous transmettrez à votre direction. Vous insisterez sur les arguments favorables à la modulation du temps de travail sans oublier de mentionner les avis négatifs exprimés.

問題は「フレックス制の導入についての社員の意見の要約を作れ」ということだったのだが…。

今回、私は問題理解で勘違いをして作文しているので、論旨の的がはずれている。
まず、modulationをmodificationと、 次に、salariéをsalarieと勘違いしていた。
「あなたの上層部は、勤務時間の変更を行うために、提案を行った。
 それは、受注の状態と給料の個人的な必要性に応じた時間制だ。」
salarié 社員を salarie 給料の勘違いから、余計な解釈がついてしまって、

「会社への貢献度に基づく査定給の導入についての社員の意見の要約を作れ」

まったく違う主題と思い込んで作文してしまったのだったorz

まあ、DELFの作文は、問題の主旨に沿ってなくても、
論旨が通っていて、文法的に正しく書けていれば、点数は付くらしいが、
やっぱり大元の勘違いはがっくりする…。

いい仕事をする人はたくさん時給もらえる。だから、労働時間の短縮も可能。
会社に貢献が少ない人は時給が悪くなるので、長く働かないと今の給料が維持できない。
でも、そんなに長く働きたい人もいないだろうし、
そもそも不景気になったら、会社の収益さがって、査定も下げられるだろうし…、
全然いいことなさそうなのに、何良いこと書けっていうの?

てな感じで、最初からめちゃくちゃら。
先生も、何が言いたいのか分からなかっただろうなぁ。
私もわかってません。すみませんorz

書いてしまったものは仕方ないので、アップしておく。

Monsieur le directeur

     Au nom des employés, je vous écris ce rapport. En ouvrant organisant une réunion, nous avons réfléchi sur votre proposition sur concernant la manière de travail. Il est vrai que la majorité de nous est en gros d’accord, mais l’ d'autres part sont très opposés. Et alors Alors nous avons bien discuté, et enfin nous avons tiré une conclusion. Nous ne pouvons pas accepter votre proposition en dans l’état actuel. Je vous expliquerai ci-dessous ces raisons.
     Si votre nouvelle manière est adoptée, nous pourrons choisir le temps de travail. Cela nous plairait beaucoup, si ce n’était rien de réduction de cela ne réduisait pas notre salarie. En effet, à concernant de votre proposition, la plupart des collègues touchera approximativement autant de salaire que le présent le salaire actuel. Mais il y a deux problèmes que auxquels nous sommes opposés. D’abord, d’une part de nous pense que cette modulation leur rendra toutes les conditions de travail (?). C’est-à-dire, même si le produit (?) des ventes de l’entreprise baisse à cause de la chose qui nous ne concerne pas quelque chose d'inattendue, notre salaire sera réduit. Ensuite, en ce qui concerne certaines personnes, qui ne travaillent pas pour augmenter directement le chiffre d’affaire, votre plan ne sera en rien utile, plutôt elles sous-estimeront. Mais leur travail est nécessaire pour nous. À cela s’ajoute, le fait que ces certains personnes veulent travailler dans le style présent comme maintenant.
     Pour les raisons mentionnées ci-dessus, nous voudrions que vous reconsidériez la modulation au profit de tous les collègues. Nous vous proposons que nous puissions choisir la manière du travail entre la nouvelle ou la présente l’actuelle.
     Je vous prie d’agréer, Monsieur, l’expression de mes respectueuses salutations.

赤    語彙、内容の添削
ピンク  冠詞、関係代名詞の添削
緑    時制と法の添削
青    性数一致やエリジオン忘れ、綴り間違い

初稿も推敲も時間を今までより減らしたこともあり、間違いも多くなっている。
意味がよくわからなくて、?を入れられている部分もある。
未来形と条件法の使い方。actuel を使うのは、前回の作文でも指摘受けていたところ。
ちゃんと見直しして書いていれば、もう少し間違い減っていたと思う。

要約は、あまりにちんぷんかんぷんなことをかいたと思っているので、
書く気にならない。ゆえに、今回の課題見直しはこれにて終了。

さて、作文講座は、第10回で、一旦お休みになり、
残り2回がどういう形になるのかはわからないとのこと。
仏検の受験日との絡みで、残りは12月1月になる予定。
おそらく、面接で役立つ内容になったりするのだろう。

何はともあれ、今週は課題がない。仏検受験もしない私には拍子抜け。
あと2回のうちに次に勉強することを検討しようと思っていたのに…。
何しよう。とりあえず、緑の本をやろうかな。


共通テーマ:資格・学び

un berceau → ゆりかご   損 → une perte [今日の単語]

Transparent LanguageWord of the dayを基にして、
単語を調べたり、プチ作文しています。
自分の勉強のために思いつくままに書いているので、
間違いがたくさんあると思います。あしからず。


フランス語から日本語

un berceau / des berceaux  ゆりかご、2.発祥地、出生地、3.園芸でつかうトンネル

3番の意味は、個人的に使いそうなので覚えておきたい。(園芸も趣味の一つ)

Mon pàre, qui s'y connaît bien pour travailler le bois,
m'a confectionné un très joli berceau pour mon bêbe.
父は、木工が得意で、私の子供のために、とてもきれいなゆりかごを作ってくれた。

s'y connaître en 無冠詞名詞  ~に精通している、詳しい
confectionner   作る、組み立てる、製造する   複数のものを組み合わせて作る感?


日本語からフランス語に

今日の単語は、「損」  une perte

perdre 失う
une perte  失うこと、損失

作文のお題は、「こんなことをしても、損なだけだよ。」

Ce que tu fais te défavorisera.
Ce que tu fais te fait subir une perte.
Si tu fais cela, il n'y aura qu'une perte.

飲んで帰ってきた頭で考えると、なんでも難しい。
間違っていたら、後で訂正する。

では、今日はこの辺で。

共通テーマ:資格・学び

dérouter → 進路変更させる   得な → bénéficiaire, profitable [今日の単語]

Transparent LanguageWord of the dayを基にして、
単語を調べたり、プチ作文しています。
自分の勉強のために思いつくままに書いているので、
間違いがたくさんあると思います。あしからず。


フランス語から日本語

dérouter  1.狼狽させる、当惑させる 2.(飛行機などの)行き先を変更させる、3.(追っ手を)まく
se dérouter  飛行機・船などが行き先・進路を変更する
un déroutement  (飛行機・船などの予定外の)行き先・進路変更
une déroute     1.敗走 2.大敗、惨敗、危機、破局

L'avion a été dérouté ver un autre aéroport pour cause de mauvais temps.
悪天候のため、航空機は他の空港に向かうように進路変更させられた。

pour cause de   ~のために 公用文や掲示などで用いる


日本語からフランス語に

今日の単語は、「得な」

bénéficiaire    利益を受ける、利益を生む、得な
bénéfique     有益な、ためになる、よい
profitable       有益な、利益をもたらす
avantageux, se   有利な、得な、好都合な、好ましい

作文のお題は、「田中さんはだれからも好かれる得な性格だ」

Monsieur Tanaka a un bon caractère. Donc on l'aime.

un caractère 男性名詞だった。完全に形から女性と思っていた。
受動態を使わないの方が良いと、作文講座で習ったので。
でも、すっきりしすぎて、原文の味はなくなっている感じ。

Monsieur Tanaka a un bon caractère avantageuse.
Donc tout le monde l'aime.

性格の「得」は収益の問題でなく、利点の問題なので
つかうなら、avantageuxになると思う。
正確に使うのはおかしいのだそうだ。

「だれでも」 → tout le mondeを使ったけど、n'importe quiも使えそう。

Donc n'importe qui aime Monsieur Tanaka.  だから、どんな人も田中さんを好き。

なんか間違ってそう。ちょっと変な感じがするんだよね。
やはりこれはおかしいそうだ。n'importe quiはネガティヴなニュアンスがあるそうだ。


では、今日はこの辺で。

共通テーマ:資格・学び

sévir → 猛威を振るう   アマチュア → un amateur [今日の単語]

Transparent LanguageWord of the dayを基にして、
単語を調べたり、プチ作文しています。
自分の勉強のために思いつくままに書いているので、
間違いがたくさんあると思います。あしからず。


フランス語から日本語

sévir     2.猛威を振るう  1.厳しく扱う、厳しく罰する

先日、ハリケーン・サンディの記事で既習。

Parce qu'une tempête sévit sur la région depuis 24 heures,
il est recommandé de ne pas utiliser sa voiture.
暴風雨が、この地方で24時間前から猛威を振るっているので、
車を使わないように、勧告がでている。


日本語からフランス語に

今日の単語は、「アマチュア」  un amateur

「ファン」の時にも、出てきている。 記事はこちら
前に、プロはやっている。 記事はこちら

ちなみに、女性も同形を使う。

こういう場合、冠詞の使い方に疑問が生じる。
同じように、職業にあたる名詞には、女性形のないものがいくつかある。
例えば、un médecin 医師  un ministre 大臣 など。
昔は、本人がたとえ女性であっても、男性形の冠詞を使っていたらしいが、
最近は、女性の進出が目覚ましいので、女性形の冠詞を使うこともあるみたい。
ルールが揺れている部分は、どう扱っても間違いと言われそう。

作文のお題は、「アマチュアにしては上手です。」

Il est adroit comme amateur.
Il joue bien comme amateur.

こんな感じかな?
「上手」は先日やったところ。 記事はこちら


では、今日はこの辺で。

共通テーマ:資格・学び

tourmenté → 苦しめる、さいなむ   付き合う → être en relation, ect [今日の単語]

Transparent LanguageWord of the dayを基にして、
単語を調べたり、プチ作文しています。
自分の勉強のために思いつくままに書いているので、
間違いがたくさんあると思います。あしからず。


フランス語から日本語

tourmenté   1.苦しめる、さいなむ 2.(海が)荒れた 3.(文)激動する
tourmenter   (文) (人)を苦しめる、さいなむ、悩ませる
se tourmenter   悩む、苦しむ、さいなまれる
une tourmente  1.動乱、騒乱 2.嵐、暴風

Mon cousin est très tourmenté par cette rupture,
il était en couple depuis 5 ans.
いとこはこの関係解消でとても悩んでいる。彼は、5年間カップルでいた。

なんか状況があいまいでうまく訳せない。カップルは夫婦とは限らないしなぁ。
大意は「5年続いた関係が解消したことに苦しめられた」と思う。

une rupture  1. 断絶、絶交、2. 切断、折れること、3. 解消、破棄、4. 急激な変化
          英語では「破裂」という意味だけど、それはないみたい。

une explosion   爆発、破裂
une éruption    噴火、噴出 発疹、(突然の)出血


日本語からフランス語に

今日の単語は、「付き合う」  いろんなシチュエーションで使われる。

主なところを、プチロワ和仏から、抜粋。
être en relations avec  知り合いである
être ami(e) avec     友達である
sortir avec        デートをする、恋人である
accomagner       行動を共にする

作文のお題は、「今、付き合っている人はいません。」

Maintenant, je n'ai pas ma petite amie.   いま、恋人はいません。

大意はこれで良いと思うんだけど…。日本語のとおりに訳そうとすると…。

Je n'ai personne avec qui je sorte.  デートをする人がいない。

見直していて、否定のpersonneを関係代名詞で修飾するときは、
接続法というのを思い出したので、訂正入れた。ちょっと自信ないけど。


では、今日はこの辺で。

共通テーマ:資格・学び

un cariste → フォークリフトなどの運転手   結婚している → être marié(e) [今日の単語]

Transparent LanguageWord of the dayを基にして、
単語を調べたり、プチ作文しています。
自分の勉強のために思いつくままに書いているので、
間違いがたくさんあると思います。あしからず。


フランス語から日本語

un cariste   フォークリフトなどの運転手

un chariot   荷車、カート、手押し車、ワゴン
un chariot élévateur à fourche  フォークリフト

シャリオって、どっかで聞いたことあると思ったら、自動車にあったよね。
ほかにも、寝台列車「北斗星」の食堂車は「グランシャリオ」というらしい。

北斗七星  le Grand Chariot  大きな手押し車  イメージわかるなぁ(^_^)
        la Grand Ourse  大熊  本当はおおぐま座の一部。小熊がいるから、母熊。

Mon cousin a été embauché comme cariste
dans l'usine de produits chimiques près de chez lui.
いとこは自宅近くの化学工場で、フォークリフトオペレーターとして雇われていた。

embaucher   雇う、雇い入れる、採用する  主に、工員・店員についていうらしい。


日本語からフランス語に

今日の単語は、「結婚している」   être marié(e)

se marier    結婚する 3. à ~と調和する
marier      結婚させる 2.(市長などが)結婚式を執り行う
un mariage   1.結婚、2.結婚式、3.結婚生活、4.組み合わせ
mariable     (話)結婚適齢期の、結婚するにふさわしい
marieur, se   仲人好きな人

作文のお題は、「姉はまだ結婚していません。」

Ma sœur n'est pas encore mariée.   結婚してない
Ma sœur est encore célibataire.     独身です


では、今日はこの辺で。

共通テーマ:資格・学び

roturier → 庶民、平民   嫌い → détester [今日の単語]

Transparent LanguageWord of the dayを基にして、
単語を調べたり、プチ作文しています。
自分の勉強のために思いつくままに書いているので、
間違いがたくさんあると思います。あしからず。


フランス語から日本語

roturier  (文)平民の、庶民の  平民、庶民

Dans les contes de fées, les princes épousent souvent des rotuières.
おとぎ話の中では、しばしば王子は平民の娘と結婚する。

王子と結婚するのは、娘だから女性形になって、roturière。

ここ数日、フランス語版「ベルサイユのばら」を読んでいた。
この単語も出てきた。他にも、いろいろ身分社会にまつわる単語がでてきた。
一巡目なので、あまり単語をチェックせずに読んでいるが、
今日から二巡目にはいるので、ちゃんとメモしておこう。

épouser qn       ~と結婚する 目的語をとる 
se marrier avec qn  ~と結婚する 

noble     貴族の
noblesse   貴族階級


日本語からフランス語に

今日の単語は、「嫌い」   détester

détestable       嫌な、不快な、ひどい
déterstablement   嫌になるほど、ひどく下手に
détestation      (文) 嫌悪

作文のお題は、「勉強は嫌いです。」

Je déteste étudier.

détester は、本当の本当に嫌いな時にしか使わない方がいい。

では、今日はこの辺で。

共通テーマ:資格・学び

peaufiner → 丹念に仕上げる   好き → aimer [今日の単語]

Transparent LanguageWord of the dayを基にして、
単語を調べたり、プチ作文しています。
自分の勉強のために思いつくままに書いているので、
間違いがたくさんあると思います。あしからず。


フランス語から日本語

peaufiner  1. セーム革でふく、2.(話)~を丹念に仕上げる

Je suis perfectionniste et je passe toujours du temps à peaufiner mon travail.
私は完璧主義者で、いつも仕事を仕事を仕上げるのに時間をかける。

perfait(e)       完璧な、完全な
perfection      完全、完璧 2.美点、長所
perfectionner    改良する、改善する、ブラッシュアップする
se perfectionner en   ~に上達する、
perfectionnement   改良、改善、完成度を高めること


日本語からフランス語に

今日の単語は、「好き」   aimer  好きである préférer A à B  BよりAが好き

作文のお題は、「チョコレートが好きです。」

J'aime le chocolat.    チョコレート全般なので、定冠詞。

chocolat amer   ビターチョコレート
chocolat doux   スイートチョコレート  かな?


では、今日はこの辺で。

共通テーマ:資格・学び

un prêt immobilier → 住宅ローン   年を取っている → âgé(e) [今日の単語]

Transparent LanguageWord of the dayを基にして、
単語を調べたり、プチ作文しています。
自分の勉強のために思いつくままに書いているので、
間違いがたくさんあると思います。あしからず。


フランス語から日本語

un prêt immobilier 住宅ローン
un prêt    貸付
immobilier  不動産の、不動産業

Pour s'offrir cette belle villa, ils ont pris un prêt immobilier sur 30 ans.
この素晴らしい家を手に入れるために、彼らは30年ローンを組んだ。

offrir    贈る
s'offrir   自分に贈る → 奮発する
une villa   別荘、郊外の庭付きの家
sur + 期間  ~に渡って

immobile      動かない、不動の、不変の、静止した
immobilisation   動かなくすること、不動、固定、停止 (複数形で)固定資産
immobiliser     動かなくする、固定する、停止させる
s'immobilier     動かなくなる、停止する
immobilité      不動(の状態)、停滞


日本語からフランス語に

今日の単語は、「年を取っている」   âge(e), vieux, vieille

âgeの方が高齢者の感じで官用。
vieuxは面と向かって使うと失礼になることもある。

作文のお題は、「あのおじいさんは年を取っている。」
日本語で、「おじいさん」というのは、「年を取った男」であるから、
「年を取った男」という主語を付けると、、「その年を取った男は、年を取っている」となり、
意味が重なってしまう。

Cet homme est âgé.             「あの人は年を取っている。」 単純
Ce vieux homme est vraiment âgé.    「あの老人は、本当に年を取っている。」 強調

口語では、grand-père で、老人(男)・おじいさんの意味もある。もちろん、祖父の意味もある。

Ce grand-père est âgé.            「あの祖父は年を取っている。」

これも可能とは思うけど、「おじいさん」を「祖父」という意味でとるなら、

Son grand-père est âgé.

指示形容詞ではなく、所有形容詞を使う方が良いような気がするな。


では、今日はこの辺で。

共通テーマ:資格・学び
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。