So-net無料ブログ作成
検索選択

Bande annonce « LA STRATÉGIE ENDER » [フランス語で聞く・見る]

オースン・スコット・カードの「エンダーのゲーム」が映画化されたようだ。
1985年の発表のヒューゴ・ネビュラのダブル受賞の名作。
私、持ってるよ…。初期のカードの作品は好き。

エンダーのゲーム

でも、文庫で新訳が出たんだよね。新訳かぁ、どんな感じに訳してるんだろう。

さて、本題。フランス語版予告の書き取り。



正直、1回では半分も意味取れなかった。←話知ってるのにorz
10回くらい聞いてから、書き取り開始。訳は直訳に近い状態。

Ils connaissent nos stratégies.
  彼らは我々の戦略を知っている。
Ils ont étudié nos faiblesses.
  彼らは我々の弱点を学んだ。
Et l'attaque des extraterrestres a failli nous anéantir.
  そして、地球外生命体の攻撃で我々は滅亡する寸前まで追い詰められた。
    faillir +inf  危うく~する。もう少しで~する
Nous ne pouvons plus permettre que cela se reproduise.
  もう一度攻撃を受けることは許されない。
   つまり、もう一回攻撃されたら、滅亡するってこと。
   permettre que sub  
Si nous voulons survivre, nous avons besoin d'un nouveau genre de soldat. 
  我々が生き延びるためには、今までにないタイプの兵士が必要なのだ。
Un soldat qui pense différemment de nous.
  我々と違う思考を持つ兵士
Un soldat qui n'a pas peur de ce qui nous effraie.
  人が怖がるものを恐れない兵士
Un soldat que l'ennemie ne s'attend pas à affronter.
  敵が予想しない攻撃を行なえる兵士
Nous avons besoin d'un esprit comme le tien, Ender.
  我々は君のような考え方をする存在を必要としているのだ、エンダー
Tu seras le meilleur commandant que nous ayons jamais entraîné.
  君は我々がこれまで訓練した中で最高の司令官になるだろう。
   ここのポイントは最上級にくっつく関係代名詞句は接続法になることかな。
Alors, je ne suis pas le premier ? 
  それでも、僕が最初ではないですよね?
Non, mais tu seras le dernier. 
  そうだ。でも、君が最後になるだろう。
Je ferai tous pour gagner cette guerre.
  この戦争に勝つためなら、僕はなんでもするだろう。
Vous ne les voyez vraiment pas comme des enfants, n'est-ce pas ?
  あなたは彼らのことを子供とは少したりとも思ってないのね。
   ここは全く聴き取りに自信ないけど、筋からたぶんこうじゃないかと。
Si tu rèussis, on se souviendra toi comme un héros.
  成功したら、人々は君を英雄として記憶するだろう。
Maintenant !
  今だ!

こんな感じかと思う。
何度聞いても、どうしてもよくわからない部分が残ってしまうのは仕方ない。
これから邦訳本を読みなおすので、間違いに気がついて直すところもありそうだ。


共通テーマ:資格・学び

Bande annonce « LA STRATÉGIE ENDER » #2 [フランス語で聞く・見る]

「エンダーのゲームフランス語予告版別バージョンも見つけたので、
書き取ってみた。



同じようなセリフを取りあげているのに、微妙に違っていたりする。
いつもながら何度聞いてもわかんないところがいくつか。青の部分。
他も意味と文法だけから考えてるところ多いから、間違い多そうだけど、
まあ大意は取れていると思う。

では、書き取りの結果。

À la première invasion extraterrestre, nous avons failli être anéantis.
Ils reviendront.
Il y a de la grandeur en toi, Ender.
Le monde a besoin de toi.
Tu a été conçu pour ça.
Tu ne vois pas les choses comme nous.
Toi seul peux comprendre l'ennemi.
Tu es l'élu, celui qui sauvera l'humanité.
Si l'on n'agit pas tout de suite, la Terre sera anéantie.
On n'a plus temps.
Il n'est pas prêt.
On n'est jamais prêt, qui serait assez prêt.
En position sous la plaque de glace.
Puis visez juste.
Restez calme.
C'est le moment.
Feu !
Je n'ai jamais vu personne à faire ça.
Il faut lui dire la vérité.
Pourquoi ?
Quand ce sera fini, que restera-t-il du garçon ?
Quel importe, s'il ne reste rien du tout !
Si tu n'essaies pas, on est tous perdus.
Je ferai tout ce qui est à mon pouvoir pour gagner cette guerre.
Si tu réussis, on se souviendra toi comme un héros.
Il abandonne sa flotte entière.
Il est aux commandes.
Plus rien n'arrêtera à present.
3 ! 2 ! 1 ! Maintenant !

続編になる「死者の代弁者」まで読み返しちゃったよ。
2作続けて最後まで読むといろいろ考えさせられてしまう。
個人的にカードの作品のキリスト教臭さにはなじめない部分あるけど、面白い作品。
(カードはモルモン教徒だったと記憶)

映画に関しては原作のことは頭から外して
divertissementとして楽しむ気持ちで見たほうが良さげな印象。

共通テーマ:資格・学び

Bande annonce « Le Hobbit : La désolation de Smaug » [フランス語で聞く・見る]

ホビットの冒険の第2作 竜に奪われた王国
仏題 LE HOBBIT LA DÉSOLATION DE SMAUG 
        「スマウグの荒らし場」って邦訳本では呼ばれてる。
スマウグってのが、ドワーフの王国を滅亡に追い込んだドラゴン

日本では2月末に公開になる。指輪ファンなんで、見に行くの楽しみ。
てなわけで、フランス語版の予告を見た。
3種類あるみたいで、今日のは一番初期で、2013年6月に公開された分。



書き取った結果。参考程度に直訳を書いておいた。
(いつも通りに間違いがたくさんあると思うので、読む方は参考くらいの気持ちでお願いします。)

Où votre voyage s'achève-t-il ?
 いづこにそなたの旅は行きつくのか?
Vous cherchez ce qui vous donne le droit de gouverner.
 そなたは統治をする権利を与えてくれるものを探している。
La quête pour reconquérir la royaume et tuer un dragon.
 王国を取り戻し、ドラゴンを殺すための探索…。
Je pourrais te tuer, Nain ! N'en doute pas.
  お前を殺せるのだぞ、ドワーフ。これは冗談ではないぞ。
Quand avons-nous laissé le mal devenir plus fort que nous ?
  いつより、悪が我らより強大になることを許してしまっていたのだろう?
Ce n'est pas notre combat.
  これは我らの戦いではない。
C'est notre combat.
  いいえ、我らの戦いだわ。
Ici, c'est un piège ?
  ここって、罠では?
C'est sans aucun doute un piège.
  これは、間違いなく、罠じゃ。
Telle est la nature du mal.
  これが悪の本性なのだ。
Avec le temps, toutes les créatures immondes se manifestent.
  時がたつにつれ、すべての邪悪な者どもが姿を現わすのだ。
Si vous réveillez cette bête, elle nous détruira tous.
  あなたがあの怪物を目覚めさせれば、奴に我らはすべて滅ぼされる。
C'était un tremblement de terre ?
  地震か?
Ça, mon gars, c'était un dragon.
  息子よ、これはドラゴンじゃ。

途中に出てくる文字はつながっているようだ。
AU-DELÀ DES TÉNÈBRES
  闇の中に
AU-DELÀ DE LA DÉSOLATION
  荒廃の陰に
SE CACHE LE PLUS GRAND DES DANGERS
  最大の危機が隠れている

全体に、ささやきだったり、背景音に埋もれたりで、聞き取りにくかった。
正直、耳はかなり悪い方。聞こえた音より、整合性考えて、補完に頼り切っている。
今回は聴き馴れない単語も多く、とくに四苦八苦。
フランス語でもファンタジー読んでるから、la quête なんかはクエストだなって分かったけど。
全体に、古風で堅い感じの演出もあるみたいだね。

共通テーマ:資格・学び

耳に関する単語 + おまけ [フランス語に関するメモ]

耳に関する基礎的な解剖用語

le conduit auditif externe  外耳道
le canal auriculaire  耳道
le pavillon auriculaire  耳介
le tympan  鼓膜
l'oreille externe   外耳
l'oreille moyenne   中耳
l'oreille interne   内耳
le vestibule  前庭  
la cochlée   蝸牛
les trois canaux semi-circulaires 三半規管

このくらいまでは辞書引かんでも意味分かる。綴れって言われるとできんが。
pavillon とか、tympanとか、建築でも使われる用語が多いみたい。

ここからはおまけ
なんで、耳の用語を集めたかというと、下の記事を読んだから…。
(記事自体は一般人向けに書かれているので、読むために上の単語は不要。)

Il a mal à l'oreille: le médecin sort un cafard du conduit auditif

Je vraiment déteste les cafards.
Si j'était ce patient, je mourrais de shock !!
Et il vaut mieux que je m'endorme avec un casque sur les oreilles comme ses amis.

2㎝のゴキブリが耳の中に、ぞっとする。
ゴキブリを生理的に受け付けないくせに、なんでこの記事選ぶのか…。
怖いものみたさ?

共通テーマ:資格・学び

Bande annonce « Le Hobbit : La désolation de Smaug » #2 [フランス語で聞く・見る]

ホビットの予告編、2つ目。



1つ目より難度アップ。
以下、書き取り。

Franchement...,
les récits et les chansons minimisent grandement votre enormité,
ô, Smaug, le prodigieux !

Nous sommes les Nains d'Erebor.
Nous sommes venus reconquérir nos terres.
Je vous offre mon aide.

Qui le dit qu'il ne va pas nous trahir ?
Personne.

Il n'y a pas le Roi sous la Montagne. Il n'y en aura jamais.

Ça ne s'arrêtera pas là.
À chaque victoire, ce mal ne pourra que croître. ←アップ後、3度書き換えてる

Legolas s'est beaucoup attaché à vous.
Ne lui donnez pas de faux espoirs.

Et, rien ne vous autorise à enterer cette montagne.
Tout m'y autorise.

Nous avons été aveugles.
Notre aveuglement a permis à notre ennemi de revenir.

J'ai trouvé quelque chose dans les tunnels des goblins.
Qu'avez-vous trouvé ?
Mon courage.
Tant mieux. Il vous en faudra.

Le feu du dragon en ses ravages, 
c'est ce que nous subirons par votre faute.
Il ne voit que son propre intérêt.

Je ne compromettrai pas cette quête pour la vie d'un cambrioleur.

Il s'appelle Bilbo.

Et bien, voleur, où es-tu ?
Voyons, ne sois pas timide.
Avance dans la lumière !

毎度のことながら、間違いあると思うけど、まあ現状はここまでしかできない。


以下、単語メモ

récit  物語
minimiser 過小評価する

「過小評価する」で使えそうな動詞いくつか。少しずつ違いがあるようだ。
minimiser  (金銭的ではないものの)重要さを捉えそこなっている ⇔ maximiser
minorer   低く見積もる
sous-évaluer (金銭的な)価値より低く評価する
sous-estimer  (金銭的ではない)価値や重要性より低く評価する ⇔ surestimer

prodigieux, se 驚くべき、驚異的な、非凡な、けた外れの
le prodige  驚くべき出来事、驚異、奇跡、非凡な人、奇才

croîre  成長する、増大する
s'attacher à  ~に執着する
aveugle   目の見えない、盲目な、盲目的な、絶対的な
compromettre  危うくする、巻き添えにする、加担させる


意味が変なので何度も聴きなおして、書き直してる部分

À chaque victoire,   勝つたびに
ce mal ne fera que croître.   悪がつよくさせる   意味通らない
  ↓
ce mal nous fera croître.    悪が我らを強くする  これもなんか変
  ↓
ce mal ne pourra que croître.  悪の力が強くなるだけ  じゃあこうかな?

実際P音とかきこえてないけどね。


共通テーマ:資格・学び

センター試験「フランス語」 解いてみた [雑記]

本日、そして、明日はセンター試験。
一日目の外国語試験では、フランス語も行われた。

マークシート方式で時間は80分 200点満点。 筆記のみでヒヤリング問題はない。

やってみたい方は、クリック→こちら


私の結果は…


タグ:フランス語

共通テーマ:資格・学び

映画は第7の芸術 [フランス語に関するメモ]

新聞映画の記事を読んでいたら、septième artという表現が出てきた。
これが映画を指すことは小耳にはさんだことがあり、知っていたのだが、
じゃあ、6番目までは何だろうと思い、調べてみた。

元々、芸術は5つに分類されていたようだ。

premier art  architecture  建築
deuxième art  sculpture  彫刻
troisième art  peinture   絵画
quatrième art   musique 音楽  稀に、théâtre 演劇 
cinquième art   poésie  詩  稀に cinéma 映画

この先は新たな形態が出現するにつれて、増えているみたい。
現在、11番目までが使われている様子。
ただし、番号により分野はきっちり決まっているものとそうでないものがあり、
確定しているのは、第7と第9。他は複数の分野が混在していている。

sixième art   dance  ダンス  稀に photographie 写真
septième art  cinéma 映画
huitième art  télévision, art dramatique, photographie
neuvième art  bande dessinée  BD ← マンガと訳すのは避けておく
dixième art  jeu vidéo, jeu de rôle, modélisme ferroviaire
onzième art   art numérique, multimédia

第10とか第11とかは現代取り上げられる話題だから、新しく番号が振られている様子。
ゲーム、鉄道模型、デジタルアートに、マルチメディア…
番号表現が定着するかどうかは時代の流れ次第と思われる。

とりあえず、どれが何か覚えておく必要はなく、こういう表現があったなくらいの記憶で、
後は状況に応じて、文章の中で分野が分かるから大丈夫そう。
まあ、自分でも使えればカッコいいとは思うけど、無理そうだし(笑)


共通テーマ:資格・学び
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。